ケンコーマヨネーズの今期18年3月期は、前期に引き続き最高益更新を見込む

決算 決算速報 決算情報

■サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品、総菜関連事業の全分野で売上増を見込む

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の今期18年3月期は、前期に引き続き最高益更新を見込む。

 同社は、2015年度から2017年度までの中期経営計画「KENKO Five Code 2015-2017」を発表している。中期経営計画の目標数値として、売上高750億円、連結営業利益率5%、自己資本比率50%、ROE8%以上をキープの達成を掲げている。

 そのような状況の中で、中期経営計画の最終年度に当たる、今期18年3月期連結業績予想は、売上高750億円(前期比5.9%増9、営業利益40億80百万円(同2.3%増)、経常利益41億円(同2.1%増)、純利益2億870百万円(同0.1%増)を見込んでいる。

 売上高750億円の中身を分けると、サラダ・総菜類207億29百万円(前期比5.3%増)、マヨネーズ・ドレッシング類182億98百万円(同4.1%増)、タマゴ加工品210億75百万円(同6.1%増)、総菜関連事業122億10百万円(同10.4%増)、その他13億13百万円(同6.0%増)とすべての事業分野で増収を見込んでいる。

 同社の製品は人気があり、今後も売上を伸ばしていくことが窺えるが、そのための今後の生産体制については、2019年3月までに総額150億円強の投資金額を想定し、新工場の建設や既存施設の増築を計画している。

 新工場については、㈱関東ダイエットクックの新工場を18年6月に竣工し、サラダ・総菜類の年間売上高を約60億円増加する。また、㈱ダイエットクック白老の新工場を18年4月に竣工し、サラダ・総菜類の年間生産量を約3,000t増やす計画。

 増築に関しては、静岡富士山工場を増築し、タマゴ加工品の年間生産量を約3,020t増加する。西日本工場を増築し、2019年3月までに竣工してサラダ・総菜類の年間生産量を約4,300tアップする計画。

 増収増益で最高益更新を継続中で、生産体制も拡充しているが、一方で、原料の価格上昇が懸念材料といえる。というのは、16年に天候異変で北海道のジャガイモの生産量が減少し、ジャガイモの価格高騰により、原価の上昇が心配されたが、同社の場合は他の生産地域からの購入により原価低減を図り、ジャガイモの価格高騰を克服した経緯がある。しかし、今後もそのような問題の発生が心配されるが、今期については、前期のジャガイモの生産量は913千t(前年比92.5%)であったが、今期は937千t(前年比2.6%増)と前年の生産量を上回ると予想しているため、価格高騰は避けられると思われる。

 鶏卵価格については、2016年度の鶏卵平均価格は205円となり前年より22円下落し、3年連続の高価格を脱した。今期も鶏卵相場は前年並みの205円で推移するものと予測している。

 そのような状況であることから、原材料の高騰は避けられるものと思われる。

 既存商品が好評であることに加え、新商品の開発もあり、サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品、総菜関連事業共に、売上が伸びていることから、中期経営計画「KENKO Five Code 2015-2017」の目標数値である、売上高750億円、連結営業利益率5%、自己資本比率50%、ROE8%以上をキープの達成は実現するものと予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る