【話題】リミックスポイントは「買いたい弱気」?、ビットコイン決済を巡る発表受け売買交錯

■「大手コンビニと協議中だが公表の見通しは立ってない」とIR開示

 省エネ関連事業などのリミックスポイント<3825>(東マ)は31日、買い気配の後10%高の818円(75円高)で始まり、2007年以来の高値を連日更新した。10時にかけては750円(7円高)前後で売買交錯となっている。29日に仮想通貨関連事業を行う子会社がビットコインによる決済導入について大手コンビニと接近中と伝えられたことについて、30日の18時前、東証IR開示で「協議を行っているのは事実でありますが(中略)公表時期については見通しは立っておりません」と発表した。

 さる22日には、同子会社のビットポイントジャパンと格安航空会社Peach Aviation(ピーチアビエーション、大阪府)との提携を発表。株価は30日まで4日連続ストップ高となって急伸した。このため上昇ピッチの鋭角化が強まり、25日移動平均などからの乖離が広がり、目先的には調整があっても不自然ではないとの見方が出ている。しかし、ビットコインなどの仮想通貨については、4月1日に「改正資金決済法」が施行され、仮想通貨による決済を法が認定することになったため、新事業としての可能性は広大とされている。目先の相場調整予想については「乗り遅れた向きの買いたい弱気」(市場関係者)と一蹴する向きもある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る