【株式市場】日経平均は一時2万円の大台を割るが材料株強く新規上場の3銘柄も好発進

株式

◆日経平均の終値は2万33円43銭(186円87銭安)、TOPIXは1611.90ポイント(12.17ポイント安)、出来高概算(東証1部)は19億6897万株

 30日後場の東京株式市場は、材料株の選別買いが強まり、名古屋港でも毒蟻のヒアリ確認と伝えられるとシロアリ退治のサニックス<4651>(東1)が急動意となるなど投機資金の動きも活発になった。日経平均は前場に続いてほぼ200円安の水準(2万20円)で何度か2万円の大台を割る場面をみせて一進一退。東証2部指数とマザーズ指数、日経JQSDAQ平均も安い。

 後場は、世界的名サイバー攻撃が今週末も発生するのではといった予想があり、フォーカスシステムズ<4662>(東1)が後場一段とジリ高基調になり、芦森工業<3526>(東1)はエアバッグ事業の拡大期待などから一段高。DNAチップ研究所<2397>(東2)は7月中旬開催の日本乳癌学会への出展、がん遺伝子検査に関する保険適用の期待などが衰えず3日連続ストップ高。ASJ<2351>(東マ)はオレゴン州立大との共同研究などを材料に急伸した相場の信用取引規制が解除になり2日連続ストップ高。

 SYSホールディングス<3988>(JQS・売買単位100株)は後場、13時39分に公開価格2560円の2.2倍の5530円で初値がつき、高値は5700円、終値は4575円。

 ツナグ・ソリューションズ<6551>(東マ・売買単位100株)も後場、13時36分に公開価格2130円の2.1倍の4515円で初値がつき、高値は5200円、終値は4700円。

 GameWith(ゲームウィズ)<6552>(東マ・売買単位100株)は大引け間際まで買い気配を続け、14時56分に公開価格1920円の2.3倍の4490円で初値がつき、高値は4750円、終値は4505円だった。

 東証1部の出来高概算は19億6897万株(前引けは9億4888万株)、売買代金は2兆6024億円(同1兆2508億円)。1部上場2022銘柄のうち、値上がり銘柄数は490(同357)銘柄、値下がり銘柄数は1409(同1536)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は3業種(前引けは4業種)にとどまり、鉱業、鉄鋼、保険が高い。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    2. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    3. ■支援・助成手続きを断念する店舗  新型コロナ禍への支援金、助成金だが、「手続きが煩雑過ぎて…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る