キーコーヒー:抽出器具ブランド『Nоi〔ノイ〕』誕生

■誰もが本当においしいコーヒーをドリップするために!

 丁寧にコーヒーをいれるおいしさや楽しさを伝える「ドリップしよう。~Shall we drip?」をコミュニケーションテーマに掲げるキーコーヒー<2594>(東1)は、このたび、本当においしいコーヒーをドリップするための抽出器具ブランド「Noi〔ノイ〕」を立ち上げ、9月6日(水)公開した。

no11.jpg
抽出器具ブランド『Noi〔ノイ〕』がラインアップ

 ブランド名「Noi」とは、イタリア語で「私たち」を意味する言葉で、一人ひとりが本当においしいコーヒーをドリップできるように、という想いを込め命名されたという。
 キーコーヒーが創業以来培ってきたノウハウを結集し、最高の一杯を届けたいとの願いからブランドとして展開する。
 また、先に公開したグラブして注ぐ「グラブサーバー」に次ぎ、「ドリップマスターケトル」を公開し、「Noi」ブランドラインアップが揃って公開された。

■湯を意のままに操り、理想のドリップ実現~『ドリップマスターケトル』登場

 コーヒーを熟知した同社のノウハウを結集し、コーヒーに注ぐ湯量を自在に調節できるような工夫を各所に施した、理想のドリップをかなえるケトル『ドリップマスターケトル』を9月15日(金)から発売する。

no12.jpg
スワンの喉(のど)/湯量を調整しやすい取っ手形状/安全に開閉でできるフタ

【ドリップマスターケトルの特徴】

●特徴1:細いお湯が落とせる『スワンの喉(のど)』
 ノズルの先端寄りのカーブをV字に絞った通称『スワンの喉』。湯の流れが調節しやすくなり、狙った場所に細くゆっくりと注ぐことができる。
●特徴2:湯量を調節しやすい取っ手形状
 取っ手が大きく外側に伸びているため、湯が入った重量のある状態でも軽く持つことができる。また、持ち手となる先端部分にカーブを設け、安定して注げるようにした。
●特徴3:安全に開閉できるフタ
 ツマミを手前に引いて開ける設計であり、熱湯の蒸気がかかることなく安全。また、ツマミが台座になり、転がることなく置くことができる。

■「Noi〔ノイ〕」ブランド専用ページを公開!

 同社では、おいしいコーヒーをドリップするための抽出器具ブランド「Noi〔ノイ〕」を立ち上げたのに伴い、コンテンツサイト:ドリップしよう、~Shall we drip?で、「Noi(ノイ)」ブランド専用ページを9月6日(水)から発信している。
参考:http://shallwedrip.com/product/noi.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■手転がし30秒でチャージ!  タカラトミー<7867>(東1)は、鉄道玩具プラレールシリー…
    2. ミニストップ
      ■「ミニストップパートナーシップ契約」2021年9月から運用開始  ミニストップ<9946>…
    3. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る