【銘柄フラッシュ】チタン工業や安永などが次世代電池・非接触給電に関連とされて急伸し杉村倉庫はカジノ実施法案など材料にストップ高

銘柄

 11日は、チタン工業<4098>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、次世代電池に用いられるチタン酸リチウムを念頭にEV(電気自動車)時代の本格到来や非接触給電などの関連株との見方が言われ、さらには今年のノーベル賞候補にも関連かとの推測も聞かれて急伸しストップ高の37.4%高。

 2位は安永<7271>(東1)となり、引き続きリチウムイオン電池の寿命を12倍に伸ばす技術が材料視されてストップ高の18.9%高となり連日高値を更新。

 3位はエイチーム<3662>(東1)の17.7%高となり、8日に発表した7月決算が大幅増益となり、今期予想も大幅増益の見込みとしたことなどが好感されて急反発。

 杉村倉庫<9307>(東2)は大阪・神戸が地盤になり次の国会でカジノを含む統合型リゾート法の実施法案が審議される可能性が期待されてストップ高の18.0%高。ケミプロ化成<4960>(東2)は有機EL関連株のためか新型「iPhone(アイフォーン)」の発表が迫るとされて動意づき急反発の13.1%高。伊勢化学工業<4107>(東2)は万が一核爆発が起こり被曝した場合のヨード剤に関連とされて動意を強め12.8%高。

 トランザス<6696>(東マ)はウェアラブルデバイスなどでの台湾企業との提携が材料視されて急反発しストップ高の21.6%高。大泉製作所<6618>(東マ)はEV(電気自動車)時代が本格到来なら温度センサーの需要拡大と関連づける動きがあるようで11.7%高となり高値を更新。

 明豊エンタープライズ<8927>(JQS)は9月14日発表予定の7月決算に期待があるほか、東京都内での用地取得が材料視されて17.6%高と高値を更新。田中化学研究所<4080>(JQS)はEV時代本格化に向けた次世代電池や非接続給電システムへの期待などが言われて17.1%だかとなり高値を更新した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る