【新規上場(IPO)銘柄】トランザスは値幅調整は一巡、「第4回ウェアラブルEXPO」に「Cygnus」を出展

株式市場 IPO 鐘

 トランザス<6696>(東マ)は、8月9日に東京証券取引所マザーズに上場。同社はこれまで「しか」にこだわりSTB市場において顧客に支えられながら、10年以上継続して売上を伸ばし、組み込みデバイスの設計からミドルウェアの開発、ソフトウェアの開発、サービスの提供まで一気通貫で提供することが同社の強みであり、独自のビジネスモデルでさらなる強力なパートナーと共に事業展開している。

 また、同社は、組み込みデバイスの経験を元にウェアラブルデバイス「Cygnus」を開発し、新製品として今年春に販売スタート。この「Cygnus」は、今までの時計型のウェアラブルデバイスとは全く異なる発想で「腕にコンピュータを乗せる」業務用小型デバイスを実現した同社独自のデバイスで、使用できる領域に関しましても、工場、流通、飲食、病院、教育など様々なビジネスシーンでの活用が期待されている。

 今2018年1月期第2四半期業績実績は、売上高5億9300万円、営業利益1億2200万円、経常利益1億1800万円、純利益8000万円に着地。IT業務支援サービスは、前年度から受託開発が減少し、前年同期比で売上が減少したが、 IoTソリューションサービスは、新規VARと既存VARの拡販で売上が増加。売上、利益ともに前年同期及び第2四半期計画を上回り順調に推移している。

 今18年1月期業績予想は、売上高12億5200万円、営業利益2億5600万円、経常利益2億4300万円、純利益1億6600万円を見込む。今期から連結決算としたため、単純比較はできないが、営業利益は前期に比べて44.1%増と高い伸びを予想している。

 株価は、上場2日目の8月10日につけた上場来の高値3695円から9月5日安値2275円まで調整を挟んで9月13日高値2906円と上昇。同29日に上場来安値2261円と売り直された後、下値圏でモミ合っている。2018年1月17日(水)~1月19日(金)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級のウェアラブル端末展示会「第4回ウェアラブルEXPO」に前回に引き続き、「Cygnus」を出展すると発表。協業できるVARを発掘し、海外を中心に増やしており、今後の展開は注目される。値幅調整は一巡しており、日柄調整が進めば、上値抵抗線の25日移動平均線突破から一段高へ向うことも期待されそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る