【アナリスト水田雅展の銘柄分析】JFEシステムズは15年3月期業績増額の可能性を評価して07年1月高値試す

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 システム開発のJFEシステムズ<4832>(東2)の株価は高値圏で堅調に推移しています。今期(15年3月期)業績見通し増額の可能性、3月期末一括で2%台の配当利回りを評価して1月高値1400円、07年1月高値1480円を試す展開が期待されます。

 川崎製鉄(現JFEスチール)のシステム部門を分離した情報サービス企業で、鉄鋼向け情報システム構築事業を主力として、ERPと自社開発ソリューションを組み合わせた一般顧客向けSI(システム・インテグレーション)事業、自社開発のプロダクト・ソリューション事業も展開しています。

 アライアンス戦略では、13年5月に大阪ガス<9532>子会社オージス総研と協業、ビジネスブレイン太田昭和<9658>と資本・業務提携しました。

 中期成長戦略として、鉄鋼事業でのJFEスチールと連携した製鉄所システム統合・共通化推進、JFEスチールの海外展開へのIT支援、ERPを核とした製造流通向け複合ソリューションの強化、自社プロダクト・ソリューション事業の強化(帳簿データ保存ソリューション、電子帳票システム「FiBridgeⅡ」のタブレット対応、MQネットによる原料規格書サービスなど)を掲げています。

 重点戦略の鉄鋼事業「JFEスチールIT施策の推進」では、JFEグループの海外展開を支援すべく、前期にタイCGL(溶融亜鉛めっきライン)工場向けで開発した海外製造拠点向け標準システムを、インドネシアCGL工場へ導入中です。

 今期(15年3月期)第3四半期累計(4~12月)の連結業績は前年同期比3.9%増収、同10.8倍営業増益、同10.0倍経常増益、同26.2倍最終増益と好調に推移しました。製造流通向け複合ソリューションの拡大、JFEスチールのIT投資回復、高収益案件や販管費抑制などが寄与して営業損益が大幅に改善しました。売上総利益率は18.2%で同2.5ポイント上昇し、売上高販管費比率は14.5%で同0.8ポイント低下しました。

 四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(4~6月)77億69百万円、第2四半期(7~9月)89億33百万円、第3四半期(10~12月)84億38百万円で、営業利益は第1四半期83百万円の赤字、第2四半期5億28百万円、第3四半期4億77百万円です。

 通期の連結業績見通しは前回予想(4月24日公表)を据え置いて、売上高が前期比2.5%増の360億円、営業利益が同37.8%増の15億20百万円、経常利益が同35.6%増の15億20百万円、純利益が同53.8%増の8億60百万円、配当予想が同6円増配の年間28円(期末一括)としています。

 通期見通しに対する第3四半期累計の進捗率は売上高が69.8%、営業利益が60.7%、経常利益が60.1%、純利益が60.9%です。第4四半期(1~3月)の構成比が高い収益構造を考慮すれば概ね順調な水準です。鉄鋼向け大型案件、製造流通向け複合ソリューション拡大、自社プロダクト拡販などが牽引して好業績が期待され、通期増額の可能性もあるでしょう。

 株価の動きを見ると、急伸した1月高値1400円後は上げ一服の展開となりましたが、大きく下押す動きは見られず高値圏1300円近辺で堅調に推移しています。好業績見通しを評価する流れに変化はなく自律調整のようです。

 2月24日の終値1305円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS109円51銭で算出)は12倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間28円で算出)は2.2%近辺、前期実績PBR(前期実績の連結BPS1226円53銭で算出)は1.1倍近辺です。

 週足チャートで見るとサポートラインの13週移動平均線が接近して再動意のタイミングのようです。今期業績見通し増額の可能性、3月期末一括で2%台の配当利回りを評価して1月高値1400円、07年1月高値1480円を試す展開が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る