チェンジが上場来の高値、第4次産業革命を牽引する新事業に期待続く

株式市場 銘柄

■「データサイエンティストやAIコンサルタントなどの高度IT人材事業」

 モバイル端末によるIT効率化などを行うチェンジ<3962>(東マ)は6日の後場、一段ジリ高基調となり、13時にかけて4%高の1万30円(370円高)前後で推移。2日ぶりに上場来の高値を更新している。10月31日付で新事業の11月開始を発表しており、期待が衰えないようだ。

 10月31日付で、「データサイエンティストやAIコンサルタントなど、第4次産業革命を牽引する高度IT人材を企業に紹介する人材紹介事業を新規事業として、11月1日より新たに開始」と発表した。

 同社は、すでにデータサイエンスやAI技術、ビジネスでの実践事例や導入の方法論などのトレーニングカリキュラムを大手企業・政府官公庁に提供してきた。発表によると、「IT業界のみならず、あらゆる業界でIoT・ビッグデータ・人工知能(AI)の活用が求められる一方、これらの技術を扱える人材が圧倒的に不足している状況であり、今後さらに深刻な状況になると言われている」中で、「これからは人材育成に加え、お客さま企業ごとの状況・課題・方向性を基礎に、デジタルトランスフォーメーション組織の立ち上げを担う高度IT人材をご紹介することで、より一層の大手企業・政府官公庁の変革を後押ししていく」とした。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る