【銘柄フラッシュ】ヤーマンなど急伸しマーケットエンターはヤフオク新サービスでストップ高

銘柄

 21日は、東証1部の値上がり率1位がヤーマン<6630>(東1)となり、20日に業績見通しの増額修正を発表したことが好感されて後場一段高となり、14時過ぎにストップ高の22.2%高で売買されたまま買い気配。

 2位は豊和工業<6203>(東1)の17.4%高となり、自動小銃などの大手のため、米国が北朝鮮を重ねてテロ支援国家に指定したことが思惑視されて出直りを拡大。

 3位は北の達人コーポレーション<2930>(東1)となり、業績拡大傾向野中でして職を強めており、11月5日を基準日とする株式2分割を行った後、買いやすくなったことなどが言われてストップ高の15.6%高。

 技研興業<9764>(東2)は11月7日に業績見通しを増額発表しており、好業績を再評価とされて11.8%高。ヒラノテクシード<6245>(東2)も4半期好業績を再評価とされて10.1%高。

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)はヤフーオークション(ヤフオク)の新サービスにおける出張買い取り事業で連携との発表が材料視されて買い気配のままストップ高に張り付き、大引けで配分商いとなりストップ高の16.9%高。ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)はスウェーデン企業とのがん化学療法にともなう契約が好感されて12.9%高。

 YKT<2693>(JQS)は量子コンピューター関連人気を集めて買い気配のままストップ高に張り付き、大引けにストップ高で売買が成立し19.8%高。同じくエヌエフ回路設計ブロック<6864>(JQS)は14.1%高。カーメイト<7297>(JQS)は全方位撮影ドライブレコーダー人気で急伸下相場からほぼ1ヵ月を経過し、業績回復を買う相場の再燃を先取る動きとされて一時急激に上値を試して7.1%高となった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る