【新規上場(IPO)銘柄】Casaは業界トップクラスのシェアとネットワーク、押し目買い優位に上値追い

株式市場 IPO 鐘

 Casa<7196>(東2)は、10月31日に東京証券取引所市場第二部に上場した。同社は、家賃債務保証事業を中核とした不動産フィンテック企業。今2018年1月期においては、代理店の不動産管理・仲介会社や賃貸人・賃借人のニーズに合った商品提案や新商品開発を行っているほか、WebCMによる広告宣伝活動やホームページの全面リニューアルを行いブランディングの強化に尽力している。

 今18年1月期第2四半期においては、不動産会社を中心とした営業活動の推進や自主管理家主にとって利便性の高 いと考えられる「集金代行」と「家賃保証」をセットにしたサービス「家主ダイレクト」の販売拡大に取り組んだほか、5月からWebで賃貸管理ができる家主専用システム「大家カフェ」のリリースや同社の契約者に向けた旅行、買い物、飲食、料理レシピ等の情報、及び割引サービスを提供する「入居者カフェ」のサービス提供を開始している。

 今18年1月期第2四半期業績実績は、売上高41億5400万円、営業利益4億9100万円、経常利益5億4200万円、純利益3億2900万円に着地。

 今18年1月期業績予想は、売上高83億1500万円(前期比3.7%増)、営業利益12億5900万円(同7.7%増)、経常利益13億0300万円(同3.2%増)、純利益8億0500万円(同27.3%増)を見込む。上場で得た資金はIT(情報技術)投資に充てる計画。年間配当予想は、期末一括44.5円を予定している。

 株価は、上場初日の10月31日に公開価格2270円を2.7%上回る2331円で初値をつけ、同日高値2345円と買われた後、11月7日安値2113円まで調整。2150円どころで下値を固め、同24日高値2370円と上昇している。業界トップクラスの54.6%のシェアと、大手不動産会社を中心全国2万店舗以上でサービスが利用できるネットワークがあるほか、170万件以上の顧客データを与信判定に活用し、貸倒リスクをコントロールし高い利益率を生み出すビジネスモデルで、契約時の保証料に加え、毎年継続的に保証料を受領するストック型収益モデルであり、これによって盤石な経営基盤を確立することが強みとなっている。少子高齢化や核家族化を背景に社会的ニーズが高まっているほか、、空室対策として敷金から保証料への切り替えが進んでおり、収益機会が増加する見通し。押し目買い優位に上値を試す展開が予想される。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る