【材料で見る株価】ハウスドゥが大幅続伸、日本M&Aセンターとの提携で期待強まる

材料でみる株価

■第1四半期は最高益を更新し売上高経常利益率の拡大など注目される

 ハウスドゥ<3457>(東1)は14日、大幅続伸となり、10時前後には2557円(162円高)をつけて2016年5月以来の2500円台に進んでいる。13日に日本M&Aセンター<2127>(東1)と企業提携仲介契約を締結したと発表。期待が強まった。

 ハウスドゥの業績は好調で、先に発表した2018年6月期・第1四半期(7~9月)の業績は、売上高が前年同期比16%増加し、営業利益は同じく81%増加するなど、四半期決算として過去最高益を更新した。通期でも最高益の見通し。業績面での安心感があるため、株価は今回の発表のような期待材料には、なおさら反応しやすい面がある。

 発表によると、近年、多くの中堅・中小企業のオーナーが後継者問題に直面する中で、M&Aや事業承継のニーズが増加。こうした情勢をとらえ、グループ事業領域のさらなる拡大を目的として、事業承継や再生案件などのプロフェッショナル集団である日本M&Aセンターと共同展開を行う。

 契約内容は、(1)M&A対象企業の必要な情報の収集・調査及び資料の作成(2)M&A対象企業についての企業価値判断の参考資料の作成(3)基本スキームの立案(4)実務手続き上の助言及び交渉のスケジューリング(5)M&A対象企業との必要な契約書等の草案の作成(6)M&A対象企業との交渉の立会い及び助言(7)必要な企業精査(デューデリジェンス)のセッティング、立会い及び助言(8)その他進捗状況に応じ必要なサービスの提供。

 第1四半期の業績の中では、売上高経常利益率が前年同期の5.2%から今回は8.6%に大きく増加した。売上高に対する経常利益の割合が拡大していることは、同社が進めるストック事業にしっかり注力することが着実に進んでいることを示す。このたびの提携は、こうした成長路線をさらに推進するものとして注目されている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る