JSPは高値圏で堅調、18年3月期営業微減益予想だが高付加価値製品拡販で上振れ余地

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品の大手である。18年3月期は営業微減益予想だが、価格改定や高付加価値製品拡販が進展して上振れ余地がありそうだ。株価は高値圏で堅調だ。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。

■発泡プラスチック製品大手、高機能・高付加価値製品を開発・拡販

 発泡プラスチック製品の大手である。押出発泡技術をベースとするポリスチレン・ポリエチレン・ポリプロピレンシートなどの押出事業(産業用包装材、食品用包装材、広告用ディスプレー材、住宅用断熱材など)、ビーズ発泡技術をベースとする発泡ポリプロピレン・発泡ポリエチレン・発泡性ポリスチレン製品などのビーズ事業(自動車衝撃緩衝材、家電製品緩衝材、IT製品輸送用通い函など)、その他事業(一般包材など)を展開している。

 17年3月期のセグメント別売上高構成比は押出事業35%、ビーズ事業60%、その他5%だった。収益は販売数量、為替、原油価格、原料価格と販売価格の差であるスプレッド、プロダクトミックスなどが影響する特性がある。

■高機能・高付加価値製品の拡販推進、自動車用「ピーブロック」が拡大

 自動車部品用発泡ポリプロピレン「ピーブロック(英名ARPRO)」や、住宅用高性能断熱材「ミラフォーム」など高機能・高付加価値製品の拡販を推進し、生産能力の増強も進めている。

 自動車用「ピーブロック」は自動車軽量化要求に対応する製品として需要が急速に拡大している。特に日系自動車メーカーのリアシートコア材への採用が広がり、搭載車種生産台数は16年度の約130万台から20年度には約520万台に拡大する見込みだ。

 なお北米におけるシートコア部品の受注が日系車種に広がり、競技用グラウンド基礎緩衝材の需要も拡大しているため、北米における「ピーブロック」の生産能力を今後3年間で25%増強する。

■18年3月期営業微減益予想だが、高付加価値製品拡販で上振れ余地

 今期(18年3月期)連結業績予想(4月28日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比6.8%増の1165億円、営業利益が1.2%減の95億円、経常利益が3.3%減の97億円、純利益が8.2%減の67億円としている。配当予想は前期と同額の年間50円(第2四半期末25円、期末25円)としている。予想配当性向は22.2%となる。

 第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比4.1%増の568億15百万円、営業利益が0.5%減の49億73百万円、経常利益が1.4%減の49億59百万円、純利益が5.9%減の35億95百万円だった。

 販売数量が順調に増加し、高付加価値製品比率も上昇して増収だが、国内における原材料価格上昇に対する製品価格改定時期のずれや、運送費値上がりなどの影響で営業微減益だった。ただし計画を上回った。売上総利益率は30.2%で1.2ポイント低下し、販管費比率は21.4%で0.8ポイント低下した。営業外では為替差損が増加した。

 押出事業は売上高が1.7%増の191億06百万円で営業利益が16.4%減の12億66百万円だった。高付加価値製品拡販で増収だが、原材料価格上昇に対する製品価格改定時期のずれで減益だった。ビーズ事業は売上高が5.9%増の349億69百万円で営業利益が5.0%増の40億89百万円だった。自動車用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販も寄与して販売数量が順調に増加した。その他事業は売上高が1.6%減の27億39百万円で営業利益が13.4%減の59百万円だった。

 通期ベースでは、販売数量が順調に増加して増収だが、国内外における原料価格の上昇などで営業微減益予想としている。またビーズ事業においては、北米自動車市場の減速、中国における第3四半期(10~12月)の一時的需要減少などを想定しているようだ。

 ただし保守的な印象が強い。自動車関連「ピーブロック」の採用が拡大し、台湾で液晶TV基板輸送緩衝材の需要が回復する。また通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が48.8%、営業利益が52.3%、経常利益が51.1%、純利益が53.7%と順調である。価格改定や自動車用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販が進展し、通期会社予想に上振れ余地がありそうだ。

 中期経営計画「Deepen&Grow2017」では、目標数値に18年3月期の売上高1350億円(海外が約530億円)、営業利益88億円(売上高営業利益率6.5%以上)を掲げている。今期(18年3月期)連結業績予想は、原油価格下落の影響などで売上高が計画未達となるが、高付加価値製品へのポートフォリオ改善や原油価格安定によるスプレッド回復などで各利益は計画を超過達成する見込みだ。中期的にも収益拡大基調が期待される。

■株価は高値圏で堅調、自律調整一巡して上値試す

 株価は高値圏3400円~3800円近辺で堅調に推移している。12月11日には3915円まで上伸して高値を更新する場面があった。

 12月15日の終値3720円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS224円75銭で算出)は16~17倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間50円で算出)は1.3%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2433円10銭で算出)は1.5倍近辺である。時価総額は約1169億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る