日本航空が反発、偽メール詐欺による被害の影響は限定的の様子

日本航空 JAL 9201

■最新の季刊会社誌は「減益幅縮小」「中間配開始」「増配」などと評価

 日本航空<9201>(東1)は22日、反発して始まり、取引開始後に4426円(23円高)まで上げて12月20日につけた年初来の高値4435円に迫った。昨21日は、航空機のリース料に関する偽メールによって計約3億8400万円をだまし取られたなどと伝えられ、手控える雰囲気があったが、悪材料としての影響は限定的のようだ。

 このところは、訪日観光客の増加や世界的な株高による景気回復効果、原油相場の上昇傾向を受けた燃油サーチャージの加算などが材料視されてジリ高基調となっている。直近発売の「会社四季報」(東洋経済新報社)では「減益幅縮小」「中間配開始。増配」などの表記があり、改めて見直す動きが出ている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る