JSPの第3四半期の売上高は販売数量、高付加価値製品比率の増加等により増収となる

決算 決算速報 決算情報

■利益面は原燃料・運送費の値上り等の影響により、営業利益は微増

 発泡樹脂大手のJSP<7942>(東1)の売上高は、第3四半期は、販売数量、高付加価値製品比率の増加や原材料価格上昇に伴う製品価格改定により増収となった。利益面については、原燃料・運送費の価格上昇の影響により営業利益は微増となった。

 国内発泡プラスチック業界は、IT・自動車分野等の回復はあったものの、公共投資・住宅着工数の陰り、水産・農業分野の需要低迷や原燃料価格上昇の影響があり、分野によっては厳しい環境であった。

 そのような状況の中で、同社の第3四半期連結業績は、売上高864億34百万円(前年同期比5.5%増)、営業利益78億67百万円(同0.1%増)、経常利益79億68百万円(同2.2%減)、純利益58億11百万円(同7.0%減)となった。

 押出事業は、付加価値の高い製品の比率増加や製品価格改定などにより売上は増加した。利益面では、当第3四半期連結会計期間において回復したが、上期における原材料価格上昇の影響が残り減益となった。これらの結果、押出事業の売上高は296億80百万円(同3.1%増)、営業利益は22億63百万円(同10.1%減)となった。

 ビーズ事業は、国内、北米、ブラジル、欧州、アジア(中国・東南アジア・台湾・韓国)での自動車関連向けの販売が堅調であったこともあり、販売数量の増加、製品価格改定の影響により売上は増加した。利益面では、販売数量の増加により増益となった。これらの結果、ビーズ事業の売上高は525億02百万円(同7.5%増)、営業利益は61億76百万円(同4.2%増)となる。

 その他は、一般包材は、国内では、自動車関連の需要は増加したが、売上は前年同期並みであった。中国では、新規需要の立ち上がりの遅れにより売上は減少した。これらの結果、その他の売上高は42億51百万円(同1.3%減)、営業利益は99百万円(同20.0%減)。

 通期連結業績予想については、前回予想を据え置いている。

 ちなみに、18年3月期連結業績予想は、売上高1165億円(前期比6.8%増)、営業利益95億円(同1.2%増)、経常利益97億円(同3.3%減)、純利益67億円(同8.2%減)を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る