【新規上場(IPO)銘柄】ポエックはスプリンクラー消火装置「ナイアス」に期待感、3500円どころが下値圏

株式市場 IPO 鐘

 ポエック<9264>(JQ)は、昨年11月28日に東京証券取引所JASDAQに上場。同社は「ひと、みず、くうき」をテーマとした環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を開発・販売している。災害時に特に威力を発揮する電源不要の消火装置「ナイアス」や画期的な方式で高効率の熱交換を実現した「バーテルス」など、人と明日の環境・安全・防災を考えた革新的な環境・防災機器を開発・製造・販売。ポンプ、送風機、ブロア、コンプレッサ、空調機器から消防機器、水槽、ボイラ、焼却炉、ろ過装置まで豊富な販売実績から顧客に最適な設備を提案。給排水設備機器のメンテナンス・修理、据付、技術サポートなど社会インフラを安全・確実に維持するためのバックヤード事業を創業当初から地道に続け、厚い信頼を受けている。

 今2018年8月期は、東北地区を拠点として新たに北海道地区へ営業展開を拡げ需要の新規獲得を図っている。また、更なる成長を目指し、同社及び連結子会社の株式会社三和テスコは東京電力ホールディングス株式会社において原子力取引先に登録されていることを踏まえて、そこで実績を上げることが同社グループにとってもPR材料になり得るものであるとの考えから、同社に対するプロモーションを積極的に実施。スプリンクラー消火装置「ナイアス」が東京電力ホールディングス株式会社柏崎刈羽原子力発電所における安全対策に採用が決定となるなど、今後に向けた対応も図っている。

 1月15日に発表済みの今2018年8月期第1四半期業績実績は、売上高12億1600万円、営業損益トントン、経常損益2200万円の赤字、最終損益1700万円の赤字に着地。

 今18年8月期業績予想は、売上高53億9900万円(前期比9.3%増)、営業利益2億0200万円(同56.6%増)、経常利益1億7200万円(同5.9%減)、純利益1億0800万円(同24.4%減)を見込む。年間配当予想は、期末一括32.21円を予定している。

 株価は、昨年12月6日安値2020円を底に1月11日高値4350円と上昇。その後、3500円どころを下値にモミ合っている。環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を取り扱っていることが強みだが、震災等の災害時に電気や水道がストップしても作動するスプリンクラー消火装置「ナイアス」の拡販等に対する期待感があり、下値圏に押す場面があれば、買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る