ソレイジア・ファーマは底放れて戻り歩調、がん領域の創薬ベンチャーで18年~19年以降の上市本格化期待

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は、がん領域を戦略的疾患領域とする創薬ベンチャーで、候補物質の開発権導入による臨床開発を主力としている。当面は赤字予想だが、18年~19年の上市本格化、および19年以降の収益化が期待される。株価は底放れて戻り歩調だ。

■がん領域中心に開発

 がん領域を戦略的疾患領域とする創薬ベンチャーで、候補物質の開発権導入による臨床開発を主力としている。

 日本および中国を中心とするアジア諸国において、アンメット・メディカルニーズ(いまだに有効な治療方法が確立されていない、あるいは治療方法が限られている疾病に対する新たな治療の必要性および期待)に応えるために、世界の医薬品企業やバイオテクノロジー企業から有望な製品候補を導入し、国際共同治験を含む積極的な開発戦略によって迅速な承認取得を目指している。

 がん化学療法および放射線療法によるによる悪心・嘔吐を適応症とする「SP-01」は、中国で14年6月承認申請完了している。承認が遅れているが、18年上期承認、下期以降の販売開始予定である。

 末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を適応症とする「SP-02」は日本・韓国・台湾・香港で第2相臨床試験(最終試験)実施中・18年末完了予定である。中国では第2相臨床試験(最終試験)準備中である。

 がん化学療法および放射線療法による口内炎に伴う疼痛緩和口腔用液材の「SP-03」は日本で17年7月承認取得、18年4月「エピシル口腔用液」として保険収載、その後国内独占販売権導出先であるMeiji Seika ファルマから販売予定である。中国では16年5月承認申請完了し、18年承認・19年上期までに販売開始予定である。

 がん化学療法に伴う末梢神経障害を適応症とする「SP-04」(17年11月スウェーデンのPled社と日本・中国・韓国・台湾・香港・マカオでの開発事業化独占的権利導入契約を締結、Pled社商標PledOx)は、Pled社が米国で実施した日本人第1臨床試験が18年2月完了し、Pled社主導の第3相国際共同治験に参画予定である。

 なお中国での商流構築に関しては、17年9月に伊藤忠商事<8001>と中国販売にかかる代理店契約を締結している。対象製品は「SP-01」および「SP-03」中国販売用製品で、18年から販売体制を整備する。

■18年~19以降の上市本格化期待

 18年12月期連結業績(IFRS)予想は、売上収益が1億円~6億円、営業利益と親会社所有者帰属当期利益が30億円の赤字~32億円の赤字としている。売上収益には「SP-01」の中国承認時マイルストン収入と製品販売、および「SP-03」日本製品販売と中国承認時マイルストン収入を計画している。

 当面は赤字予想だが、18年~19年の上市本格化、および19年以降の収益化が期待される。

■株価は底放れて戻り歩調

 株価は安値圏300円近辺でのモミ合いから上放れて3月19日には393円まで上伸した。底放れて戻り歩調の展開だ。3月20日の終値は367円、時価総額は約322億円である。

 週足チャートで見ると、13週移動平均線と26種移動平均線を一気に突破して先高観を強めている。戻りを試す展開が期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展) 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■月面等での建設活動に資する無人建設革新技術開発推進プロジェクト  コマツ<6301>(東1…
    2. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    3. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る