翻訳センターの18年3月期決算は、増収2ケタ増益で最高益更新で着地

決算 決算速報 決算情報

■好業績であったことから、年間配当58円と3円増配を実施

 日本最大規模の言語サービス会社である翻訳センター<2483>(JQS)の18年3月期決算は、増収2ケタ増益で最高益更新で着地した。好業績であったことから、58円と3円増配となった。

 主役の翻訳事業は専門性の高い産業翻訳に特化している。グループ全体で約6300名の登録者を確保し、対応可能言語は約75言語と国内最大規模である。また取引社数は約4700社、年間受注件数は約5万9000件に達している。翻訳サービスの需要は、企業のグローバル展開も背景として知的財産権関連、新薬開発関連、新製品開発関連、海外展開関連、IR・ディスクロージャー関連を中心に拡大基調。

 そのような状況の中での、18年3月期連結業績は、売上高106億18百万円(前年同期比3.9%増)、営業利益8億02百万円(同15.0%増)、経常利益8億12百万円(同16.1%増)、純利益5億66百万円(同27.5%増)であった。


 事業別の売上高は、翻訳事業75億93百万円(同7.9%増)、派遣事業11億27百万円(同25.1%増)、通訳事業9億33百万円(同19.2%増)、語学教育事業1億97百万円(同6.0%減)、コンベンション事業4億96百万円(同55.1%減)、その他2億69百万円(同48.9%増)となっている。

 19年3月期連結業績予想は、売上高120億円(前期比13.0%増)、営業利益9億円(同12.2%増)、経常利益9億円(同10.8%増)、純利益6億円(同5.8%増)と最高益更新を見込む。

 配当については、35円を予想している。但し、18年4月1日付で1対2の株式分割を行っている。もし、分割していなかったとすると70円となるので、前期は58円であるので、実質22円の増配となる。

 なお、11日に、2019年3月期から2021年3月期までの3カ年における中期経営計画を発表した。

 経営ビジョン「すべての企業を世界につなぐ言葉のコンシェルジュ」は継続し、日本を代表する言語サービスのコンサルティング企業を目指し、最新のテクノ ロジーを活用したソリューションビジネスへの転換を図り、翻訳事業の高付加価値化を実現し、顧客ニーズの多様化・高度化に対応した課題解決型の高付加価値企業となることを目指すとしている。

 業績目標として、2021年3月期連結業績予想は売上高136億円、営業利益13億円、純利益8億50百万円を挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■中東で初となる最新鋭のM701JAC形ガスタービン納入プロジェクトで  三菱重工業<701…
    2. ■月面等での建設活動に資する無人建設革新技術開発推進プロジェクト  コマツ<6301>(東1…
    3. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る