【銘柄フラッシュ】再生支援への期待や思惑で日本海洋掘削、田淵電機が急騰

株式市場 銘柄

 2日は、東証1部の値上がり率1位に日本海洋掘削<1606>(東・整理銘柄)が入り、日本郵船<9101>(東1)による支援が有力との観測報道を受けて急反騰しストップ高の50.9%高。6月下旬に会社更生法の申請を発表済みで、7月23日に上場廃止の見込み。

 東証1部の値上がり率2位は田淵電機<6624>(東1)の30.1%高となり、事業再生ADRの手続きを申し込んだとされて6月下旬に急落したが、上記、日本海洋掘削の例を目の当たりにした向きが思惑を強めたようで、日本海洋掘削に10分ほど遅れて急伸を開始し大幅反発。

 3位は日本エスコン<8892>(東1)となり、業績見通しの増額修正と、増額の要因とは別途に建設中のホテルの売却契約成立を発表したためストップ高の15.4%高。

 小島鐵工所<6112>(東2)は6月29日に発表した第2四半期決算が前年同期比で全体に赤字改善し18.2%高と大きく出直り戻り高値。黒谷<3168>(東2)は7月6日の売買から東証1部銘柄になるため期待が増幅し6.1%高。

 IPS<4390>(東マ)は6月27日に上場し、通信事業のほか在留フィリピン人の人材紹介・人材派遣業務も行うため労働者不足解消に向けた国策銘柄とされて上場後安く終わった日がなくストップ高の18.0%高。アンジェス<4563>(東1)は協業する田辺三菱製薬<4508>(東1)の相次ぐ発表が思惑材料との見方があり5.4%高と戻り高値。

 エムケイシステム<3910>(JQS)は29日に業績・配当見通しの修正と過去の決算単身などの一部訂正を発表し、6月中旬に過年度の費用計上などにより急落した相場に出尽しムードが出たとされストップ高の14.5%高。東洋ドライルーブ<4976>(JQS)は6月決算に注目する動きが再燃とされて3.3%高だが2日続伸となり出直りを強めた。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る