夢真ホールディングスの今期第3四半期は、建設業界、IT業界ともに需要旺盛で大幅増収増益

決算 決算速報 決算情報

■高齢化及び若手不足が顕著な「建設業界」、技術革新が著しい「IT業界」の人材不足は深刻な状況

 人材派遣の夢真ホールディングス<2362>(JQS)の今期第3四半期は、建設業界、IT業界ともに需要旺盛で大幅増収増益となった。

 今期18年9月期第3四半期連結業績は、売上高296億62百万円(前年同期比34.1%増)、営業利益38億98百万円(同119.3%増)、経常利益36億39百万円(同96.8%増)、純利益27億15百万円(同151.1%増)となった。

 人材派遣業界は、日本全体として労働人口が減少しており、多くの業界が人材不足に陥っているため、需要は活況となった。特に、高齢化及び若手不足が顕著な「建設業界」、そして、技術革新が著しい「IT業界」の人材不足は深刻な状況となっている。そのため、同社グループでは、建設業界及びIT業界に対し「高付加価値の人材」を供給するため、人材の確保及び育成に注力した。

 売上高に関しては、技術者の増員に起因した建設技術者派遣及びエンジニア派遣事業の伸張により大幅増収となった。

 利益面については、増収効果に加え、採用費をはじめとしたコストのコントロールを徹底したことで、費用の増加は限定的となったため大幅増益となった。

 第3四半期は大幅増収増益で着地したものの、通期連結業績予想は、前回予想を据え置いている。

■通期連結業績予想に対する進捗率を見ると、利益面での上振れが予想される

 ちなみに、通期連結業績予想は、売上高390億円(前期比27.8%増)、営業利益45億円(同90.5%増)、経常利益45億円(同85.7%増)、純利益29億円(同103.4%増)と最高益更新で、14年9月期の最高益を大きく上回る見通し。

 なお、通期連結業績予想に対する進捗率を見ると、売上高76.1%(前期72.5%)、営業利益86.6%(同75.3%)、経常利益80.9%(同76.2%)、純利益93.6%(同75.8%)となっていることから利益面での上振れが予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る