【新規上場(IPO)銘柄】マリオンは首都圏をはじめ主要都市で展開、配当落ちに伴う処分売り一巡するか

株式市場 IPO 鐘

 マリオン<4394>(JQS)は、9月13日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場した。同社は、1986年の創業以来「不動産賃貸サービス」を基盤として、これに「不動産証券化サービス」「不動産売買」を加えた3つの事業要素を循環させる新しい「不動産賃貸関連サービス」の展開に注力している。

 不動産賃貸サービスでは、首都圏をはじめ、全国主要都市に賃貸用不動産を所有。お客様のニーズに応えた不動産賃貸サービスを提供している。本年6月末日現在、自社保有賃貸物件519戸、サブリース物件220戸、受託物件41戸の計780戸を保有又は管理している。

 不動産証券化サービスでは、賃貸事業による利益を出資者へ分配する「不動産証券化商品」を時代のニーズに応えて組成・販売している。2004年のマリオンボンド1号の発売以来、2017年9月末までに、累計119億3,020万円の不動産証券化商品の販売実績がある。


 前18年9月期第3四半期業績実績は、売上高23億6500万円、営業利益6億9700万円、経常利益4億1900万円、純利益2億9500万円に着地。

 前18年9月期業績予想は、売上高27億0900万円(前の期比7.9%増)、営業利益7億2700万円(同4.7%減)、経常利益3億3500万円(同21.8%増)、純利益2億2300万円(同46.4%増)を見込む。年間配当は、期末一括30円を予定している。

 株価は、上場初日の9月13日に公開価格2380円を59.7%上回る3800円で初値をつけ、同日高値3860円と買われた後、同25日安値2625円と下げてモミ合っている。同社は、首都圏をはじめ主要都市において賃貸不動産を取得・保有しており、入居率は高水準で、今19年9月期営業増益が観測されている。目先は配当落ちに伴う処分売りが一巡するか見極めるところだろう。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る