【銘柄フラッシュ】幸和製作所など急伸しJFEシステムズは四半期決算が好感されて高い

株式市場 銘柄

 10月25日は、東証1部2109銘柄のうち、値上がり銘柄数は34銘柄(全体の1.6%)にとどまり、値下がり銘柄数は2072銘柄(同98.2%)に達した。

 中で、値上がり率1位は2日続けてシーズ・ホールディングス<4924>(東1)となり、米国の医薬品、日用品の大手ジョンソン・アンド・ジョンソンによるTOB(株式公開買付)発表により、TOB価格5900円に向けて急伸し、2日連続ストップ高の15.6%高(700円高の5200円)。

 2位はベリサーブ<3724>(東1)となり、24日に発表した第2四半期決算が材料視されて朝方にストップ高で売買されたまま買い気配を続け、大引けもストップ高の15.1%高。

 3位はワタベウェディング<4696>(東1)の13.7%高となり、朝、MBO(経営陣が参加する買収)を巡る観測報道が出て思惑買いが殺到。会社側は現時点で決定した事実はないと発表。

 栄研化学<4549>(東1)は6.8%高となり、23日に四半期決算を発表して翌24日は2200円台へと下げたが、野村証券が投資判断「ニュートラル」継続、目標株価は2600円で注目継続と伝わり、業績が見直される雰囲気になり急反発。

 村上開明堂<7292>(東2)は自動運転車の実用化に向けた電子ミラーが注目されて7.4%高。エスティック<6161>(東2)は22日に通期の業績・配当予想の増額修正を発表し、翌日ストップ高となった勢いが衰えず5日続伸となり6.4%高。JFEシステムズ<4832>(東2)は14時に第2四半期決算を発表してから切り返して5.0%高。

 メディア工房<3815>(東マ)は医療ツーリズム事業の合弁会社を香港に設立との発表が注目されて12.0%高。バリューデザイン<3960>(東マ)は消費税の軽減税率のポイント還元にともなうキャッシュレス決済関連株とされて出直りを強め5.0%高。

 幸和製作所<7807>(JQS)は介護機器の大手で、パナソニック<6752>(東1)が国庫補助事業として行う介護関連システム開発の協力会社と伝えられストップ高の26.7%高。博展<2173>(JQG)は第45回東京モーターショー(2017年)で共同プロデュースしたドイツ車アウディの体験型展示ブースが2018年度グッドデザイン賞を受賞と伝えられ3.5%高だが戻り高値を更新した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る