【アナリスト水田雅展の銘柄分析】PALTEKは戻り高値突破、中期成長力を評価

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 半導体輸入商社のPALTEK<7587>(JQS)の株価は、500円台でのモミ合い展開から上放れの形となり、2月27日には666円まで上伸して14年12月の戻り高値640円を突破した。その後は利益確定売りで一旦反落したが、15年12月期業績増額の可能性や中期成長力を評価して14年1月高値898円を目指す展開だろう。

 ザイリンクス社のFPGA(PLDの一種で設計者が手元で変更を行いながら論理回路をプログラミングできるLSI)を主力として、特定用途IC、汎用IC、アナログ、メモリなどを扱う半導体および関連製品の販売・技術支援事業、試作ボードや量産ボードなどを受託設計・開発および製造(ODM、EMS、OEM)するデザインサービス事業、さらに新規事業としてスマートエネルギー事業(病院・介護施設向け停電対策システムなど)を展開している。海外は香港に拠点展開している。

 主要仕入先はFPGAがザイリンクス社、汎用ICがNXPセミコンダクターズ社、マイクロチップテクノロジー社、アナログがリニアテクノロジー社、メモリがマイクロンテクノロジー社である。

 用途別には産業機器向けを主力として通信機器向け、民生機器向け、コンピュータ向けなどに展開し、成長市場であるセンサー分野のソリューションも強化している。主要販売先はNEC<6701>京セラ<6971>オリンパス<7733>などである。

 12年7月にはODM/EMS事業推進、および映像・画像処理関連の自社製品事業の本格展開に向けてエクスプローラを子会社化した。エクスプローラはレート制御機能搭載「H.264コーデック装置」を開発し、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のイノベーション実用化ベンチャー支援事業として「レート制御機能搭載4K対応H.265コーデック装置実用化開発」および「超低遅延8K対応HEVC-ECFによるハイブリッド配信装置」が採択されている。

 14年6月には子会社テクノロジー・イノベーションを設立し、サイミックス社から半導体事業およびMEMS(微小電気機械システム)事業を譲り受けて、特定顧客向け人感センサーの信号処理ICの開発に取り組んでいる。

 そして14年11月には子会社エクスプローラがフジテレビジョンと共同でH.264小型ライブ中継伝送装置「VideoCast Advance」を開発した。大規模な機材を使わず簡単にライブ中継することが可能になる。15年2月にはNHKと「H.264HD対応IP蓄積伝送装置」を共同開発した。火山噴火口、土砂流、津波などの監視を行う情報カメラで収録した映像を瞬時に活用することが可能になる。

 15年2月には超高精度衛星測位システムを開発するマゼランシステムズジャパンとの総販売代理店契約締結を発表した。センサー分野のソリューション強化の一環として、センチメートル級の精度が要求される産業機器や農業機械の自動運転向けなどにRTK(リアルタイム・キネマティック)GNSSシステムを提供する。

 今期(15年12月期)の連結業績見通し(2月12日公表)は売上高が前期比5.8%増の245億円、営業利益が同20.7%減の8億円、経常利益が同25.0%減の7億90百万円、純利益が同11.2%減の5億円、配当予想が前期と同額の年間8円(期末一括)としている。

 セグメント別売上高の計画は、半導体事業が同4.4%増の228億50百万円、デザインサービス事業が同29.7%増の14億50百万円、その他が同43.9%増の2億円である。

 前期の営業利益を押し上げたドル建て仕入値引き債権の為替評価益を織り込まず営業減益見通しだが、為替評価益を差し引いたベースで見れば実質的に営業増益としている。売上面では産業機器向け、通信機器向け、医療機器向けを中心に半導体事業、デザインサービス事業とも好調に推移する見通しであり、デザインサービス事業の売上構成比上昇も寄与して売上総利益率が改善する。そしてドル高・円安進行も予想されるだけに15年12月期の会社見通しは増額の可能性が高いだろう。

 中期的な収益向上に向けた取り組みとして、半導体事業は高付加価値製品の拡販、中核製品であるFPGAのさらなる拡販、センサーおよびソフトウェア市場の開拓、医療・産業・通信・放送など成長分野への注力、デザインサービス事業は医療・放送・通信分野の受託設計・開発・ODM強化、自社製品の開発・販売強化、スマートエネルギー事業は病院・介護施設向け停電対策システムの構築・販売を強化する方針だ。

 2月12日に発表した自己株式取得(取得株式総数の上限60万株、取得価額総額の上限3億円、取得期間15年2月13日~3月24日)は3月24日に終了した。期間中の取得株式総数は46万4600株、取得価額総額は2億8214万3200円だった。

 また3月25日にはシンジケーション方式のコミットメントライン契約の締結を発表した。契約総額50億円(ただし契約期間内において、6ヶ月毎に最大100億円まで総コミット金額の増額が可能)、契約期間15年3月25日から3年間、主幹事金融機関三井住友銀行である。安定的な資金調達枠の確保で財務構造が安定する。

 株価の動きを見ると、500円台でのモミ合い展開から上放れの形となり、2月27日には666円まで上伸して14年12月の戻り高値640円を突破した。その後は利益確定売りで一旦反落したが、自社株買いを好感し、15年12月期の増額期待も強めているようだ。

 3月27日の終値595円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS43円79銭で算出)は13~14倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間8円で算出)は1.4%近辺、前期実績PBR(前期実績の連結BPS766円18銭で算出)は0.8倍近辺である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって水準を切り上げた。15年12月期業績増額の可能性や中期成長力を評価して14年1月高値898円を目指す展開だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る