【新規上場(IPO)銘柄】 プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す

株式市場 IPO 鐘

 プロレド・パートナーズ<7034>(東マ)は、7月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プロレドは、成果報酬を主体とした国内唯一の経営コンサルティングファームで、コンサルティングファーム出身者×各分野の専門家で構成され、各サービスにおける高い専門性とコンサルティング・ノウハウを組合せ、品質や経験を高め、通常のコンサルティングより大きな成果を実現している。

 同社は、営業パートナーの拡充とリレーション強化、営業人員の増員などにより、契約締結を進めているほか、コンサルティングにおいては、BPOからBPRまで、幅広いコストマネジメントを継続して推進しつつ、各業務の標準化とRPA・OCR・AI等のスステム化を進めることで、効率的かつ効果的なサービスを提供できるように事業活動を進めている。

 2018年10月期第3四半期業績実績は、売上高14億1300万円、営業利益6億6200万円、経常利益6億4000万円、純利益4億4200万円に着地。

 10月19日大引け後に18年10月期業績予想の上方修正を発表。売上高が従来予想の14億3200万円(前期比41.4%増)から16億5000万円(同62.9%増)、営業利益が同5億6000万円(同2.0倍)から6億0300万円(同2.2倍)、経常利益が同5億6000万円(同2.0倍)から5億7900万円(同2.1倍)、純利益が同3億5200万円(同77.8%増)から3億6400万円(同83.8%増)と増益幅を拡げる見通し。年間配当は、無配を予定している。顧客紹介とインバウンドによる案件数の増加と、コストマネジメントの削減率の向上が寄与している。

 株価は、8月21日につけた上場来安値6190円から10月1日に上場来高値15460円と上昇した後、10月30日安値6520円と調整している。18年10月期業績予想を上方修正し、足元の業績は好調で成長が続く見通し。19年10月期続伸が観測されており、12月17日に予定される10月期本決算の発表に期待が持てる。7000円割れが下値として意識された感があり、ここから徐々に上値を試すか注目したい。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る