ホープは底値圏、19年6月期赤字縮小予想

株式市場 銘柄

 ホープ<6195>(東マ)は自治体に特化したサービス業を展開し、自治体媒体の広告枠を民間企業に販売する広告事業を主力としている。19年6月期は赤字縮小予想である。株価は水準を切り下げて軟調展開だが、16年6月IPO時の高値から3分の1割れ水準で底値圏だろう。

■自治体関連の広告事業が主力

 自治体に特化したサービス業を展開し、自治体媒体の広告枠を民間企業に販売するSRサービスなどの広告事業を主力としている。また自治体と民間企業を繋ぐBtoGマーケティングなどのマーケティング&メディア事業、電力取次販売・小売販売のエネルギー事業も展開している。なお収益面では、約8割の冊子を4~6月に発行するため、第4四半期偏重の傾向がある。

■19年6月期赤字縮小予想

 19年6月期の非連結業績予想は、売上高が18年6月期比30.3%増の29億57百万円、営業利益が32百万円の赤字(18年6月期は1億21百万円の赤字)、経常利益が18百万円の赤字(同1億14百万円の赤字)、純利益が31百万円の赤字(同1億28百万円の赤字)としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比11.1%増の4億20百万円、営業利益が1億24百万円の赤字(前年同期は1億07百万円の赤字)、経常利益が1億20百万円の赤字(同1億06百万円の赤字)、純利益が1億23百万円の赤字(同1億07百万円の赤字)だった。概ね計画水準だったとしている。

 第1四半期の進捗率は低水準だが、第2四半期以降は新規のエネルギー事業に注力し、売上増や生産性向上などを見込んでいる。通期ベースで収益改善を期待したい。

■株価は底値圏

 株価は12月11日に上場来安値983円まで下押した。軟調展開だが16年6月IPO時の高値3320円から3分の1割れ水準で底値圏だろう。12月13日の終値は1027円、時価総額は約14億円である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る