【株式市場】日経平均は軟調だが材料株など強くTOPIXやマザーズ指数は高い

株式

◆日経平均は2万402円27銭(40円48銭安)、TOPIXは1543.20ポイント(5.43ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億4873万株

チャート6

 1月17日後場の東京株式市場は、13時にかけて日銀総裁が「人口減少下で低金利続くと金融システムの不安定化も」(ブルームバーグニュースより)と語ったと伝えられたため、現行の量的緩和策の後退などを懸念する様子があり、個別物色の色彩が強まった。モバイルファクトリー<3912>(東1)が12月決算への期待再燃とされて一段とジリ高傾向を見せ、プレミアグループ<7199>(東1)は新株予約権の権利行使を期限付きで停止との発表が注目されて値戻し幅を拡大。日経平均は小幅続落となったが、TOPIX、日経400は反発し、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 日経平均のマイナス寄与度銘柄としてはファーストリテイリング<9983>(東1)リクルートホールディングス<6098>(東1)が挙げられていた。

キクカワエンタープライズ<6346>(東2)が今3月期の大幅増収増益見込みへの期待再燃とされて一段高となり、Aiming<3911>(東マ)はゲーム企画・開発・運営の非上場会社との資本業務提携が注目されてストップ高。セルシード<7776>(JQG)は引き続き自己細胞シートによる軟骨再生治療の承認が材料視されて再び急伸。

 東証1部の出来高概算は11億4873万株(前引けは5億7511万株)、売買代金は1兆9778億円(同9579億円)。1部上場2128銘柄のうち、値上がり銘柄数は1366(同1316)銘柄、値下がり銘柄数は682(同712)銘柄。

 また、東証33業種別指数は24業種(前引けも24業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、証券・商品先物、その他製品、その他金融、保険、電力・ガス、不動産、非鉄金属、鉄鋼、精密機器、銀行、などとなった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る