建設技術研究所は中長期ビジョン『CLAVIS 2025』の目標を上方修正

株式市場 銘柄

■『CLAVIS 2025』の目標を7年前倒しの18年12月期で達成

 建設技術研究所(CTI)<9621>(東1)は20日、2015年5月に公表したCTIグループ中長期ビジョン『CLAVIS 2025』の目標を上方修正するとともに、「中期経営計画2021」を新たに策定した。

 CTIグループは、2025年を目標年とするグループ中長期ビジョン『CLAVIS 2025』を策定し、2015年5月に公表したが、18年12月期で当初の目標である売上高600億円を7年前倒しで達成したことから『CLAVIS 2025』の目標を見直し、上方修正することとなった。また、2021年までの経営目標と重点課題を示す「中期経営計画2021」を策定した。

 7年前倒しで達成した背景には、国内事業の順調な拡大と、Waterman Group Plc(本社:英国ロンドン)のグループ化などによる海外事業の拡大が挙げられる。ちなみに、売上高約600億円の内訳は、国内約420億円、海外約180億円であった。

■売上高は850億円、営業利益は60億円に上方修正

 そのため、「CLAVIS 2025」の目標を見直し、2025年には売上高850億円(国内600億円、海外250億円)、営業利益60億円に上方修正した。今後さらにマルチインフラ&グローバル企業化を加速して、この目標の達成を目指す。

 一方、2021年を目標年とする中期経営計画2021では、企画・調査・計画・設計の静的な業務領域に加えて、リアルタイム情報提供サービス、施設管理・運営、PM・CM・発注者支援、PPP などの日々変動する動的領域での事業拡大を目指す。また、海外生産拠点の整備やWaterman Group Plcとの協業を進めてグローバル展開を加速する。これらにより、売上高700億円(国内500億円、海外200億円)、営業利益42億円を目指す。

 グループ中長期ビジョンを大幅に前倒しで達成していることから、今後の事業展開が注目される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る