【株式市場】バイオ材料株等強く日経平均は配当落ち分をおおむね上回って推移

株式

◆日経平均は2万1297円73銭(130円66銭安)、TOPIXは1602.29ポイント(15.65ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億2491万株

チャート5

 3月27日(水)前場の東京株式市場は、受渡日ベースで4月新年度相場に入り、3月期末の配当落ち日(権利落ち日)。トヨタ自動車<7203>(東1)ソニー<6758>(東1)が予想配当を差し引いた妥当値よりは高く始まるなど、総じて堅調に始まり、日経平均も妥当値(前日比約170円安)より高い74円安で始まった。その後は120円安前後で一進一退を続け、一時185円87銭安(2万1242円52銭)まで下押す場面があったが、前引けは130円66銭安(2万1297円73銭)となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も安いが、マザーズ指数は小高い。

図書印刷<7913>(東1)が年初来の高値を更新し、小学校での英語必修化や2020年度からのIT教育化などによる印刷需要への期待が増幅。また、インテリジェント ウェイブ<4847>(東1)など、この日から東証1部に移籍した銘柄が高く、新薬承認などを発表したアンジェス<4563>(東マ)、セルフレジのアルファクス・フード・システム<3814>(JQG)も高い。

 東証1部の出来高概算は6億2491万株、売買代金は1兆820億円。1部上場2138銘柄のうち、値上がり銘柄数は581銘柄、値下がり銘柄数は1492銘柄。また、東証33業種別指数は3銘柄が値上がりし、サービス、医薬品、精密機器、が高い。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る