福島第1原発で核燃料の取り出し開始と伝わり日本国土開発やベステラが高い

株式市場 銘柄

■計画より4年遅れ午前9時前から始まったと伝えられる

日本国土開発<1887>(東1)は4月15日の後場、805円(24円高)で始まり、前場に続き3月5日の再上場以来の高値を更新している。東日本大震災の被災地域で除染や廃棄物処理、減容化処理施設の建設・解体等の震災復興関連工事を数多く手掛けており、福島第1原発3号機で、「燃料プールから核燃料の取り出し開始」(NHKニュースWEB2019年4月15日9時57分)と伝えられたことなどを材料視する様子がある。

 「東京電力福島第一原子力発電所3号機で、使用済み燃料プールに残された核燃料を取り出す作業が、15日午前9時前から始まった」「メルトダウンを起こした原子炉建屋から核燃料を取り出すのは初めて」「当初の計画より4年4か月遅れての作業開始となった」などと伝えられた。

 プラント解体と有害物除去に独自技術と実績のあるベステラ<1433>(東1)も出直りを強め、前場1375円(40円高)まで上げ、後場は13時を過ぎて30円高前後で推移している。
ベステラは、先の決算発表で、「今後拡大することが予想される原子力発電所の廃止措置関連ビジネスに向けて、M&A等の提携を強化していく」と積極姿勢を示した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る