【株式評論家の視点】Gキッズは児童発達支援事業の開始に期待感、今期予想PPER6倍台と割安感

株式評論家の視点

 グローバルキッズCOMPANY<6189>(東1)は、2016年3月18日に東京証券取引所マザーズに上場。19年9月に市場第一部へ上場市場を変更。19年4月にグループ全体のブランディングを強化するため 19年4月1日付けで社名を「株式会社グローバルキッズ COMPANY」に改称した。


 同社グループは、保育所等の運営を通じて次世代を担う子ども達を育成する「子育て支援事業」を主な事業としているが、同社グループとして同4月1日に過去最多の23箇所の保育施設を開設。新たに開設した施設の内訳は、認可保育所17施設、事業所内保育施設1施設、企業主導型保育事業4施設、学童クラブ1施設。これにより、同社グループが運営する保育施設数は165施設となっている。

 今19年9月期第2四半期業績実績は、売上高92億8400万円(前年同期比13.0%増)、営業利益2億4700万円(同29.0%減)、経常利益2億3400万円(同26.7%減)、純利益1億4100万円(同15.3%減)に着地。拡大戦略に沿った運営施設数が順調に増加しており、在籍園児数は拡大し、四半期ベースの売上高は2四半期連続の過去最高更新と伸長したが、次年度開園を見据えた現場人員の積極採用に伴う採用費、社宅費の増加等により販管費が膨らみ減益となった。

 今19年9月期業績予想は、売上高200億円(前期比13.0%増)、営業利益3億4000万円(同0.6%増)、経常利益19億3000万円(同0.7%増)、純利益12億5000万円(同2.2倍)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。

 株価は、2016年3月30日につけた上場来の高値3655円から19年12月25日に上場来の安値780円と調整。2月15日に年初来の安値816円、6月4日安値829円と売り直されて底値を確認した感がある。新規事業として児童発達支援事業を6月からスタートさせることや、業界初となる保育のシェアリングモデル「えんマッチ」を推進することへの期待感があるうえ、今期予想PPER6倍台と割安感があり、押し目買い優位に上値を試すか注目したい。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る