日本アジア投資が再び上昇、香港の市民運動激化も思惑材料との見方

株式市場 銘柄

■地域金融機関との連携事業も注目され2段上げ相場を期待する様子

日本アジア投資<8518>(東1)は7月3日、急反発して始まり、取引開始後に17%高の310円(46円高)まで上昇。6月下旬から始まった急騰相場での高値336円に向けて切り返している。手掛かり材料は幾つか言われているが、香港で市民運動の激化が伝えられ、日本などに資産を退避する動きなどを念頭に思惑買いする動きがあるようだ。

 再生可能エネルギー事業やアジア地域からの対日投資支援事業などを行い、株価は6月24日から急伸商状となっている。会社発表のニュースとしては、6月25日付で、地域金融機関との連携事業として三重県の地域商社、(株)ネーブル・ジャパン向けの投資を発表したことがあるが、時期的には香港での市民運動の激化とも重なる。目先的には、急伸した時の高値336円を抜く相場に発展する2段上げ型のコースがイメージされているようだ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る