【狙い場・買い場】天満屋ストアは押し目買いできる、今期1株利益急増、13年の高値1490円も刺激

狙い場・買い場

天満屋ストア(9846・東2・売買単位100株)の一株当たり利益が2015年2月期33.0円から2016年2月期64.9円に急伸の見通し。株価は去る13日に1015円と値を上げたあと1000円前後でモミ合っている。

同社は岡山県を地盤にした中堅のスーパー。最近では営業時間の拡大、移動スーパーの開業(2015年1月スタート)など顧客サービスの向上を図っている。とくに移動スーパーは刺身、肉、野菜など300品目を扱い、顧客からの電話連絡を受けて1軒1軒回っている。「買い物難民」と呼ばれている高齢者たちの救済を目的にしており、好評を博している。

また、2014年11月に泉田店(岡山市南区)を改装。2015年2月にはリブ総社店(岡山市総社市)にホームファッション大型専門店「ニトリ」を導入し、さらにはイトーヨーカ堂の開発品を積極的に採用するなど販売強化策に取り組んでいる。

2016年2月期の営業利益は23億円(同5.3%増)、経常利益20億円(同7.0%増)と増益を予想、そして当期純利益は7億5000万円(同96.9%増)とほぼ倍増を会社側は見込んでいる。年5円配当を据え置く意向だが、増配の余裕も出てくる。加えて、株主優待(100株の株主に100円優待補助券20枚かVJAギフトカード1000円券1枚)も買い手掛かりである。

今期の予想一株当利益で計算したPERは15倍と、前期の一株当たり利益でのPER29倍に比べて一気に低下する。小売業界全体のPER21倍並みの水準まで買われるとすると、1300円前後が目安となる。株価に勢いがつけば2013年12月の高値1490円奪還の可能性も膨らんでくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る