【新規上場(IPO)銘柄】ビーアンドピーは公開価格を割り込むが、市場環境は明るい

株式市場 IPO 鐘

ビーアンドピー<7804>(東マ)は、本年7月24日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、インクジェットプリントサービスを事業とし、顧客に多岐にわたる「カタチあるモノ」を提供する企業集団としてビジネスを展開している。

 商品ラインナップは、ポスター・パネル・店頭POP・ダンボール什器、屋外用塩ビジート・壁紙・塔屋サイン・横断幕・懸垂幕・フラッグ・柱巻き・A型看板・ガラス面用透明メディア白インク出力・布地昇華転写出力・遮光両面ターポリン・タペストリーなど多種多様なサイン・ディスプレイを取り扱い、大阪・東京・横浜・福岡の都心部にプリンターを設備し、量産案件・緊急案件に対しても短納期を実現する、24時間生産体制で出力サービスを行っている。


 今2019年10月期第3四半期累計期間においては、18年12月に江東事業所をニコール事業部(横浜市神奈川区)の隣接地に移転し、ニコール事業部内に広幅印刷物を専門に扱うワイドフォーマットスタジオを開設。同移転に併せて広幅インクジェットプリンターを最新型へ入替導入。また、未開拓営業エリアへの進出を目的に、18年11月に池袋営業所、本年4月に福岡営業所を開設し、営業体制と制作体制の両方の強化に着手している。

 9月9日大引け後に発表した今2019年10月期第3四半期業績実績は、売上高21億9300万円、営業利益3億1700万円、 経常利益3億1600万円、純利益2億3000万円に着地。

 今19年10月期売上高31億5000万円(前期比30.9%増)、営業利益5億5000万円(同0.6%減)、 経常利益5億4900万円(同0.8%減)、純利益3億7200万円(同31.5%減)見通しを据え置いている。年間配当予想は、期末一括50円を予定している。

 株価は、7月24日につけた上場来高値2600円から9月10日に上場来安値1859円と調整している。今19年10月期第3四半期営業利益は、通期計画に対する進捗率が57.6%に留まったことから、失望感が広がった。同社を取り巻く市場環境は、2020年の東京五輪、2025年の万国博覧会などが追い風になると期待されており、来20年10月期は投資一巡から増益に転じる可能性がある。公開価格の2000円を割り込み値ごろ感はあり、1900円前後で下値を固めるか注目したい。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る