ミロク情報サービスはAIを活用した仕訳・残高チェックシステム『MJS AI 監査支援』を11月より提供開始

新製品&新技術NOW

■会計事務所向けERPシステム「ACELINK NX-Pro」と連携

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、会計事務所向けERPシステム「ACELINK NX-Pro」と連携し、AIを活用した仕訳・残高チェックシステム『MJS AI 監査支援』を11月より提供開始する。

 『MJS AI監査支援』は日次、月次、年次の財務会計処理の業務において、担当者が入力した仕訳の処理ミスや処理漏れなどを自動でチェックするシステム。チェック結果は、確認が必要と思われる科目や金額が一目で分かるようレポートとして表示する。

 チェックするポイントは、前年同月などと比較しての著しい金額の増減、マイナス残高、仕訳の重複など。また、チェックルールは、1、税法などを踏まえたうえで、誤りが発生しやすいポイントを考慮しあらかじめ設定された「システム標準ルール」、2、ユーザーが設定する「オリジナルルール」の2つを任意に組み合わせてチェックすることが可能である。またAI機能により、学習データとチェック対象の仕訳データを比較し、確認が必要と思われる仕訳に対して修正提案を行う。

 これまでは、顧問先企業が作成した仕訳帳や試算表の内容を会計事務所がチェックする際、仕訳の科目や金額に誤りや異常値がないか、会計基準・税法に沿った正しい処理がされているかなどを、通帳や領収書の数値と照合しながら目視で確認する作業が発生し、手間と時間がかかり会計事務所の負担となっていた。

 この『MJS AI監査支援』は、会計事務所向けERPシステム『ACELINK NX-Pro』と連携し、会計事務所が顧問先企業から受け取ったデータに対して仕訳帳および試算表の自動チェック、チェックレポートの自動作成を行うことで、監査(チェック)時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながり、会計事務所における人手不足といった課題を解消することになる。また、決められたチェックポイントおよびチェックルールに基づき監査が行われるため、チェックレベルが標準化され、経理知識のばらつきや担当者変更時における引き継ぎ漏れなどのリスクが軽減されるとともに、正確性が向上する。

 同社は、これまでに各種ERPシステムおよびクラウドサービスと、金融機関やECサイト、POSレジなどの取引情報データを連携し自動で取り込む機能のほか、領収書のOCR読み取り機能による自動仕訳作成など、会計データの「入力業務の自動化」を支援するサービスを提供してきた。今回の『MJS AI監査支援』を組み合わせることにより、入力だけでなく「入力内容のチェックの自動化」が可能となった。

 今後は、中堅・中小企業向けERPシステムとの連携を予定しており、経理担当者の業務負担の軽減や、正確性の向上、業務効率化を支援していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る