三洋貿易の19年9月期は増収増益、今期1円増配へ

株式市場 銘柄

■20年9月期も増収増益予想
 
 三洋貿易<3176>(東1)は6日、19年9月期連結業績及び中期経営計画を発表し、配当を1円増額した。

 連結業績の売上高が前期比6.1%増の832億30百万円、営業利益は同11.6%増の58億71百万円、経常利益は同9%増の60億75百万円、純利益が同10.5%増の40億18百万円だった

 各事業の取組みは、化成品では、売上高は310億92百万円(同1.3%増)、営業利益は15億77百万円(同20.2%減)となった。ゴム関連商品は、主力の合成ゴムは堅調だったが、家電・情報機器向けの副資材などが低調。化学品関連商品では、染料やアジア向け輸出関連などが好調に推移した。

 機械資材では、売上高は329億93百万円(同18%増)、営業利益は40億39百万円(同29.2%増)となった。自動車内装用部品の販売が好調。シート周辺部材では快適性志向を背景に高機能性部品の採用車種増加で18年9月期に引き続き好調に推移した。機械・環境関連商品は、粉体関連機器が堅調に推移し、木質バイオマス関連機器も5月に北海道で大型バイオマス熱電併給施設が本格稼働した。

 海外現地法人では、売上高は189億50百万円(同3.4%減)、営業利益は8億80百万円(同0.1%増)となった。SCA(米国)は、高機能性樹脂は堅調、フィルム関連商品は低調だった。三洋物産貿易 (上海)有限公司は、自動車内装用部品の販売が好調に推移した。Sanyo Trading Asia Co.,Ltd.(タイ)は、自動車内装用部品およびゴム関連商品が堅調。Sun Phoenix Mexico S.A. de C.V.は、自動車内装用部品の販売が堅調に推移した。

 20年9月期の連結業績予想は、売上高が前期比13.5%増の945億円、営業利益が同2.2%増の60億円、経常利益が同2%増の62億円、純利益が同4.5%増の42億円の見通しとし、収益拡大を見込む。

 同時に、今期の年間配当は前期比1円増の75円に増配する計画とした。

 また、同日に2020年9月期、および2021年9月期の2年間を対象とする中期経営計画を発表。数値目標には2020年9月期に連結売上高945億円、連結経常利益62億円。2021年9月期に連結売上高1020億円、連結経常利益67億円を掲げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る