スターティアラボはo2o集客アプリの制作代行を支援するソフト「AppGoose」の販売を4月28日より開始

■クリエイティブ企業の売上アップを支援する目的で開発

 スターティア<3393>(東1)の子会社、スターティアラボは、店舗向けo2o集客アプリの制作代行を支援するソフト「AppGoose(アップグース)」の販売を4月28日より開始した。

 店舗向けo2o集客アプリとは、店内の風景やお知らせ、地図、料金プランなど自店舗の情報を掲載するスマホアプリ。アプリをインストールしているユーザーに対して、クーポンやイベント開催情報などをプッシュ通知できることから、ユーザーへダイレクトにタイムリーな情報提供を行うことが可能となり、来店を促すことが出来る。

 この集客アプリは大手チェーンではないネイルサロンや飲食店など小規模店舗の集客支援、小規模店舗を顧客に持つ印刷会社やWEB制作会社などのクリエイティブ企業の売上アップを支援する目的で開発された。

 開発の背景には、スマートフォンの普及と共にリアルとネットをつなぐ店舗向けo2o集客アプリの制作ソフトが、多くの企業から提供されていて、そうしたサービスにより数多くの店舗アプリが制作されたが、店舗情報の更新やクーポンの発行など、自社店舗アプリの運営を行うのは、実務の店舗運営を行う傍らでは難しく、活用しきれていないという現状がある。

 一方、小規模店舗を顧客に持つ印刷会社やWEB制作会社などクリエイティブ企業は、こうした店舗に対して、パンフレットの印刷やWEBサイトの制作などは行ってきているが、新サービスによる新たな提案機会を求めいた。こうした背景の中、本サービスは店舗運営者にとって自社店舗アプリの運営の手間を削減し、印刷会社やWEB制作会社などクリエイティブ企業には店舗アプリの制作という顧客開拓の新たな販路を提供することを目的に開発された。

 「AppGoose」を活用すれば、専門知識がなくとも店舗アプリを自社サービスとして顧客に提供することが可能。また他のポータル型グルメアプリと違い、自社独自の店舗アプリを運用できることから、リピートユーザーの創出を促すことができる。

 スターティアラボでは、今後、店舗アプリだけではなく様々な企業内アプリなどへの展開も予定している。売上目標としては3年で11億円とし、中期的には主力商品として育てていく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る