インフォマートの19年12月期は最高益更新で着地

決算 決算速報 決算情報

■今期20年12月期は事業拡大に伴い投資を先行することから増収減益を見込む

 インフォマート<2492>(東1)の19年12月期は、主力のBtoB-PF FOOD事業が順調に伸びたことで、最高益更新で着地した。しかし、今期20年12月期は事業拡大に伴いサーバー体制等に投資することから増収減益を見込む。

 19年12月期は、経営方針である「成長と利益の両立」及び「収益源の多角化への仕掛け」に取組んだことで、「BtoB-PF FOOD事業」の「BtoBプラットフォーム 受発注」及び、「BtoB-PF ES事業」の「BtoBプラットフォーム 請求書」等の順調な利用拡大により、2019年12月末の「BtoBプラットフォー ム」全体の企業数(海外を除く)は、前連結会計年度末比109,070社増の387,624社、全体の事業所数(海外を除 く)は、前連結会計年度末比176,775事業所増の824,920事業所となった。

 その結果、19年12月期連結業績は、売上高85億40百万円(前年同期比11.8%増)、営業利益24億69百万円(同4.9%増)、経常利益24億60百万円(同5.3%増)、純利益16億94百万円(同9.2%増)と最高益更新となった。

 19年12月期までは最高益更新ペースで進んできたが、今期20年12月期は事業拡大に伴い、サーバー体制、営業人員、販促費・マーケティング予算の3項目に重点的に投資することから減益を見込んでいる。

 20年12月期連結業績予想は、売上高は96億49百万円(前期比13.0%増)、営業利益15億05百万円(同39.0%減)、経常利益15億円(同39.0%減)、純利益 10億26百万円(同39.4%減)を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る