【株式市場】円安など受け日経平均は一時194円高まで上げ大きく反発

株式

◆日経平均は2万3359円60銭(165円80銭高)、TOPIXは1674.67ポイント(8.96ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億5540万株

チャート13

 2月19日(水)前場の東京株式市場は、円安傾向を受けて日経平均が135円高で始まり、次第高となった。NYダウは下げたものの、米大統領選の候補者選びの中で金融規制案が出たことなどが影響したとされ、個別には半導体関連株などが堅調だったため、東京エレクトロン<8035>(東1)などが買い直された。日経平均は前引け間際に194円97銭高(2万3388円77銭)まで上げ、前引けも165円80銭高だった。

 新型肺炎関連株の一角に信用取引規制が入って急反落する銘柄があり、これまで動いていない出遅れ株として有機合成薬品工業<4531>(東1)が抗ウイルス点眼薬などを材料に急伸しストップ高。スガイ化学<4120>(東2)は新型肺炎に効果がある可能性が言われる抗エイズ薬の中間体を生産することが言われて連日ストップ高。マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は四半期決算の大幅増益を見直す動きとされて急反発、多摩川ホールディングス<6838>(JQS)は総務省が富士通に「ローカル5G」の免許と伝えられ「5G」関連人気が再燃とされて出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は5億5540万株、売買代金は9647億円。1部上場2160銘柄のうち、値上がり銘柄数は1507銘柄、値下がり銘柄数は537銘柄となった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る