星光PMCとハリマ化成Gが高い、トイレットペーパーの風合向上剤など注目される

材料でみる株価

■在庫が「問屋」から「家庭」に移った結果、流通在庫を積み増す余地

 星光PMC<4963>(東1)は3月2日の後場、一段と強含む場面を見せ、一時5%高の790円(39円高)まで上げて反発相場となり、ハリマ化成グループ(ハリマ化成G)<4410>(東1)は一時13%高の1047円(124)まで上げ、やはり大きく反発している。

 ともに製紙用薬品の大手で、「トイレットペーパーなどの家庭紙に細かく均一な皺を入れる工程で使用される『クレープ剤・風合向上剤』(星光PMCのホームページより)などが、このところの世相を受けて注目されているという。

 トイレットペーパーの国内出荷に占める中国からの輸入量は19年度1・3%に過ぎないとされ、ほぼ国産とされる。それでも、流通面では、在庫が「問屋」から「家庭」に移った結果、問屋に一定の在庫量を置く余地が出てきたようだ。

星光PMCは印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業なども展開し、とりわけ次世代の新素材とされる「セルロースナノファイバー」(CNF)の本格化が注目されている。2019年12月期の連結業績は大幅な増収増益となり、売上高が前期比8%増加、営業利益は同42%増加した。今期は微減益の見込みとするが、予想1株利益は61円34銭。さらなる新事業として「銀ナノワイヤー」(AgNW)などの進展も注目されている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る