【株式市場】日経平均は後場254円安まで下押す場面があり結局反落

株式

◆日経平均は1万9260円ちょうど(167円44銭安)、TOPIXは1421.29ポイント(4.69ポイント安)、出来高概算(東証1部)は後場増加して13億2710万株

 4月24日(金)後場の東京株式市場は、ゴールデンウイークに向けて休業要請などが徹底される雰囲気があるとされ、日経平均は131円安で始まった後も上値が重く、14時過ぎには前場の安値を割り254円06銭安(1万9175円38銭)まで下押した。大引けにかけては持ち直したが、土・日の間に北朝鮮で何かあるかもといった手控え感が漂い、日経平均は前日比で反落した。東証マザーズ指数なども安い。

 後場は、オムロン<6645>(東1)がジリ高基調を強め、今度は血中酸素などを測るパルスオキシメーターの需要増が言われて活況高。フォーカスS<4662>(東1)はストップ高のFRONTEO<2158>(東マ)の株主とあって再び上昇基調。有機合成薬品<4531>(東1)は人工心肺を使用する際に必須の薬品の原薬を増産との発表で14時頃から急伸しストップ高。ピアズ<7066>(東マ)は飲食店向けに携帯電話でオーダーから決済までできるセルフオーダーシステムが注目され大引けまで買い気配のままストップ高。エイアンドティー<6722>(JQS)は四半期決算が好感されて大引けまで買い気配のままストップ高。

 東証1部の出来高概算は後場増加して13億2710万株(前引け4億8214万株)、売買代金は後場増勢となり2兆73億円(同7994億円)。1部上場2169銘柄のうち、値上がり銘柄数は887(前引けは573)銘柄、値下がり銘柄数は1201(同1504)銘柄。

 また、東証33業種別指数は6業種(前引けは4業種)が値上がりし、値上がりは、石油・石炭、保険、医薬品、精密機器、鉱業、食料品だった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る