【株式市場】日銀の「政策点検」待ちで銀行株など高いが日経平均は一時312円安となり一進一退

株式

◆日経平均は2万9954円80銭(261円95銭安)、TOPIXは2000.99ポイント(3.10ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億6398万株

 3月19日(金)前場の東京株式市場は、日銀の「政策点検」の結果が早ければ昼前にも判明するとされ、金利変動幅の拡大期待などから銀行株が上値を追って始まり、千葉興銀<8337>(東1)は前引け何と11%高。一方、NY株の反落などで半導体関連株などは安く、日経平均は312円18銭安(2万9904円57銭)で始まったあとも重く、3万円の大台を保てず一進一退を続けた。

 くら寿司<2695>(東1)が4月末の株式2分割発表を好感し活況高。コメ兵HD<2780>(東2)は買い取りメインの小型店の積極出店に注目とされ再び一段高。大和重工<5610>(東2)は株主優待の導入などが好感され2日連続ストップ高。メディアリンクス<6659>(JQS)は毎日放送(大阪府)などとのIP電送実証実験などが材料視されストップ高。アクリート<4395>(東マ)は「LINE」の通話内容閲覧可能状態問題を受けた代替需要の思惑とされ急伸。

 本日新規上場の2銘柄は前場、ともに買い気配のまま初値がつかず、T.S.I<7362>(東マ)は公開価格2000円を75%上回る3500円の買い気配。まだ初値はついていない。ココナラ<4176>(東マ)も公開価格1200円を75%上回る2100円の買い気配。まだ初値はついていない。

 東証1部の出来高概算は7億6398万株、売買代金は1兆4478億円。1部上場2195銘柄のうち、値上がり銘柄数は1001銘柄、値下がり銘柄数は1114銘柄。

 また、東証33業種別指数は11業種が値上がりし、銀行、海運、保険、証券商品先物、手甲、建設、などが高い。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る