小野薬品は週刊新潮の新型コロナ「変異株も感染防止」が話題になり後場も高い

■『カモスタット』は同社の慢性膵炎治療薬ではないかと連想買い

 小野薬品工業<4528>(東1)は4月22日の後場、2943.5円(88.5円高)で始まり、前場に続いて出直りを強めている。この日発売の「週刊新潮」に、新型コロナ感染症に関して「『変異株』も感染防止、ドイツが認めた日本発『カモスタット』で命を守る」と題した記事があり、小野薬が発売する慢性膵炎治療薬のフオイパン錠(一般名:カモスタットメシル酸塩)のことではないかとの見方で注目された。

 同社は2020年11月9日付で、「蛋白分解酵素阻害剤『フオイパン(一般名:カモスタットメシル酸塩)錠』(以下、フオイパン)を用いた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象とした第Ⅲ相試験を開始しました」と発表している。

 なお、直近の会社発表ニュースとしては、4月21日付で、「グレリン様作用薬『エドルミズR錠50mg』新発売のお知らせ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の患者さんに新しい治療選択肢を提供」がある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る