省電舎HDが再び動意、「温暖化ガス削減目標46%」受け昨年11月の大相場を想起

■昨年11月に大相場、まだ日柄整理が進んでないが期待は強い

 省電舎ホールディングス(省電舎HD)<1711>(東2)は4月23日、11%高の530円(54円高)まで上げた後も堅調で、再び上値を指向している。

 日本の温暖化ガス削減計画について、「菅義偉首相は22日午後、政府の地球温暖化対策推進本部で、2030年までの温暖化ガスの削減目標を13年度比で46%減にすると表明した。現状の26%減から大幅に上積みする」(日本経済新聞Webサイト4月22日より)などと伝えられ、関連銘柄として再び注目される形になった。

 昨2020年10月、政府はこの削減目標を大々的に打ち出し、同時に新車販売のすべてを電動車にする方針なども打ち出した。これを受け、省電舎HDの株価は10月中旬の300円台から動意づき、11月には急伸商状となって一時700円ちょうどまで上げた。

 今回の相場では、「気候サミット」(気候変動に関する首脳会議)が4月23日にオンラインで開かれること、菅首相、米バイデン大統領、中国の習近平主席、ロシアのプーチン大統領ほか40ヵ国・地域の首脳が出席すること、なども思惑材料になっているという。今回は、20年10、11月の大相場からまだ日柄整理が進んでいないとの理由でソコソコの相場にとどまるとの見方があるが、大きな値幅を出した実績があるだけに、大きな相場に発展するかどうか注目されている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る