川崎重工は世界初の海底パイプライン検査用口ボットアームを搭載した自律型無人潜水機を受注

 川崎重工<7012>(東1)は、英国のMODUS SUBSEA SERVICES LIMITED(MODUS社)から、世界初の海底パイプライン検査用口ボットアームを搭載した自律型無人潜水機(AUV)「SPICE」を受注したと発表。

 同社は、Oil&Gas分野での海底パイプラインのメンテナンス需要増加に着目し、AUVの研究開発を進めてきた。今回受注した「SPICE」は、同社が長年培ってきた潜水船関連と産業用口ボットの技術シナジーにより開発された、世界初の海底パイプライン検査用口ボットアーム搭載のAUV。

 「SPICE」のコンセプトである口ボットアームを自律制御し、近接検査センサーを搭載した装置をパイプライン上に安定してトラッキングさせ、検査を実施する。また、同社開発のドッキングステーションとともに運用することで、検査作業効率の向上とコスト低減を実現し、AUVの運用に必要な洋上船(母船)で作業する船員の負荷低減および安全性の向上に寄与する。

【特長】

 「SPICE」は、従来のAUVでは実施できなかった海底パイプラインの近接検査を可能とする特長を有している。

[1]ドッキングステーションと接続した状態で母船から海中へ投入された後、ドッキングステーションからの離脱、検査対象のパイプライン探索と検査、検査後のドッキングステーションへの回航という運用プ口セスを自律で遂行できるため、これまでパイプライン検査ツールとして主流であったROVと比較すると、専任のROVオペレーターや定点保持機能を有する高機能な母船を必要としない。

[2]口ボットアームの先端には近接検査センサーを備え付けた検査ツールユニットを搭載する。パイプライン検査時は口ボットアームを自律制御することで、検査ツールユニットをパイプライン上に安定してトラッキングさせ、近接検査を効率的に実施する。

[3]海底パイプラインを自動で認識・追跡する。パイプライン上に障害物があっても、自動で回避した上で、それ以降の検査作業を継続する。これにより、AUVの運用を途中で中断することなく、継続した運用が可能となる。

[4]海中でドッキングステーションに接続することで、バッテリーの充電や収集した検査データを母船へ転送する。また、ドッキングした状態で母船から投入・揚収を行うことできるため、安全で効率的な運用を実現した。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場 日経平均株価
      ■緊急事態宣言解除の先取り投資スタンスで  バブル経済崩壊後のゴールデンウイーク(GW)の過…
    2. 上がる 上昇 グラフ 株価 ビジネス チャート
      ■業績相場の先駆け株として活躍場面に期待 今週の当特集では、昨年来高値更新銘柄に注目することとした…
    3. ■企業内失業者238万人という凄さ  『日本経済2020~2021』(内閣府―感染症の危機か…
    2021年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る