JCRファーマは後場一段安、アストラゼネカの新型コロナワクチン「接種、当面見送る方針」と伝わり手控えられる

銘柄 下げる

■開示済みの決算説明会質疑では「承認可否で変わるとは見込んでいない」

 JCRファーマ<4552>(東1)は5月21日の後場、一段と軟調に始まり、取引開始後は3155円(220円安)をつけて本日ここまでの安値に至っている。

 英アストラゼネカ社製の新型コロナワクチンの原液製造を受託しており、昼にかけて、「厚労省、アストラ製の接種、当面見送る方針」(日テレNEWS24、5月21日午前11時53分)と伝えられ、手控え材料になった。

 ただ、同社が5月19日に開示した3月期決算説明会での「主な質疑応答(要約)」では、アストラゼネカ製ワクチンに関する質疑として以下の応答が記されている。

 【Q】ワクチン関連で計上されている今期147億円について、製造販売承認見送りのインパクトはないとのことだが、承認が遅れる事により製造が遅延し、2023年3月期にずれ込むということはあるか。また、今期は営業利益率見込みが高いが、これはワクチンによるものか。

 【A】ワクチンの承認可否、あるいはタイミングにより決算数字が変わると見込んでいない。品目別の利益率は開示していない。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■手転がし30秒でチャージ!  タカラトミー<7867>(東1)は、鉄道玩具プラレールシリー…
    2. ミニストップ
      ■「ミニストップパートナーシップ契約」2021年9月から運用開始  ミニストップ<9946>…
    3. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る