【株式特集】MSCI指数の除外29銘柄の揺り戻しに期待、リベンジ投資に注目

 今週の当株式特集では、「短期は需給」で早めに下方方向に織り込んだとみられるMSCI指数の除外29銘柄の揺り戻しに期待してリベンジ投資に注目することにした。29銘柄の多くは、除外発表の5月12日に反落したが、前週末4日の終値と5月11日終値を比較すると、値上がり銘柄が13銘柄、値下がり銘柄が16銘柄の「13勝16敗」となった。勝ち組銘柄の代表は、20%超上昇した西武ホールディングス<9024>(東1)で、負け組ではしまむら<8227>(東1)、アルフレッサ ホールディングス<2784>(東1)が逆に年初来安値を更新した。

 今回と同様に大量除外銘柄が出た2020年11月のMSCI指数定期見直しで除外されたパーク24<4666>(東1)や住友ゴム工業<5110>(東1)などの株価が、前週末4日に年初来高値を更新、除外発表前日の終値から約7カ月で2倍化、50%超高しており、この再現のリベンジ高を期待したいところである。

■負け組6銘柄は業績続伸予想も低PERでPBR1倍割れ

 MSCI指数除外の負け組16銘柄のうち、PERが東証1部全銘柄平均の16.37倍を下回る売られ過ぎ銘柄は6銘柄を数えコード番号順に列挙すると次の通りとなる。帝人<3401>(東1)、クラレ<3405>(東1)、エア・ウォーター<4088>(東1)、しまむら、九州電力<9508>(東1)、サンドラッグ<9989>(東1)と続き、このうち帝人、クラレ、しまむら、九州電力がいずれもPER1倍を割っている。

 このうちクラレは、今12月期第2四半期業績を上方修正したほか、帝人は今期純利益の大幅黒字転換を予想、残り4社も今期業績が続伸予想にあり、九州電力は、前期業績が上ぶれ着地し、今期も続伸予想で配当を増配予定である。しまむらは、5月の既存店売上高が、前日より増収率を縮めたとして年初来安値へ売られたが、今2月期業績は続伸を予想しており、売られ過ぎを示唆している。

■勝ち組16銘柄は自動車関連、アフター・コロナ関連など人気化材料

 前週末4日の終値が発表日前日の終値を上回った勝ち組13銘柄のうち、上昇率が20%超となった西武HDの今3月期業績はなお赤字予想にあるが、赤字幅は縮小して投資セオリーの「水準より変化率」とも評価され配当は復配予定で、5月19日にリニューアル・オープンした西武園ゆうえんちの昭和の商店街が人気となってアフター・コロナ株人気を高めた。同様のアフター・コロナ株人気で丸井グループ<8252>(東1)、京浜急行電鉄<9006>(東1)、JR九州<9142>(東1)、日本空港ビルデング<9706>(東1)なども追随高が有力である。

 勝ち組でなおかつ低PER評価にとどまる銘柄は、上値チャレンジの展開が有望となる。自動車関連の日本特殊陶業<5334>(東1)、豊田合成<7282>(東1)にはトヨタ人気の波及が予想され、東急不動産ホールディングス<3289>(東1)とイオンモール<8905>(東1)は、アフター・コロナ人気が期待され、新生銀行<8303>(東1)、ふくおかフィナンシャルグループ<8354>(東1)の銀行株は、長期金利の動向次第で今年3月の年初来高値が意識されよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る