【どう見るこの株】NexToneは上値試す、22年3月期大幅増収増益予想

 NexTone<7094>(東マ)は著作権管理・利用促進を行う著作権エージェントである。22年3月期大幅増収増益予想である。音楽・動画配信需要の拡大や管理楽曲獲得の増加で収益拡大基調だろう。株価は急反発して戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

■著作権エージェント

 楽曲著作権者と利用者の間に立ち、著作権管理・利用促進を行う著作権エージェントである。

 著作権等管理事業(著作権管理=著作権者から委託を受けた音楽著作物の利用許諾や著作物使用料の徴収・分配、デジタルコンテンツディストリビューション=国内外の音楽配信プラットフォームに向けた音楽・映像コンテンツ供給)を主力として、キャスティング事業(コンテンツ利用促進コーディネート)や、その他事業(著作権・原盤等の権利処理システム、コンテンツ配信関連システムの開発)も展開している。

 21年3月期の売上高構成比は著作権等管理事業が88%、キャスティング事業が11%、その他事業が1%だった。期末の著作権管理楽曲数は22万2049曲、デジタルコンテンツディストリビューション業務における取扱原盤数は77万8681原盤となった。

■22年3月期大幅増収増益予想

 22年3月期連結業績予想は、売上高が21年3月期比30.2%増の79億70百万円、営業利益が35.3%増の7億30百万円、経常利益が35.2%増の7億30百万円、そして親会社株主帰属当期純利益が22.0%増の4億60百万円としている。

 管理楽曲数28%増を前提として、著作権等管理事業が32.0%増収、キャスティング事業が7.0%増収の計画としている。人件費やシステム関連費用が増加するが、増収効果で吸収して大幅増益の計画としている。

 著作権等管理事業は管理楽曲数・取扱原盤数の増加と配信市場拡大を背景に、著作権管理・DDともに引き続き大幅伸長を見込む。キャスティング事業ではイベント中止をある程度織り込み、代替利用としての家庭向けライブ配信サポートなど新規案件を積極展開する。21年4月に開始した海外徴収については、入金が下期以降となるため業績への影響は軽微としている。音楽・動画配信需要の拡大や管理楽曲獲得の増加で収益拡大基調だろう。

■株価は上値試す

 株価(21年2月1日付で株式3分割)は5月の直近安値圏から急反発している。そして戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。6月4日の終値は3195円、時価総額は約305億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る