パーソルホールディングスグループは無人搬送車の遠隔操作ソリューションを開発

■建設業界や物流(倉庫・運送)業界向けに2022年販売予定

 総合人材サービスのパーソルホールディングス<2181>(東1)グループにおいて人と技術の力を通じて世の中の生産性向上への貢献を目指す「パーソルプロフェッショナルアウトソーシング」は、傘下の自動車、航空宇宙、ロボット、デジタル家電などの領域で技術系エンジニアリング事業を行うパーソルR&D(本社:愛知県名古屋市)とともに、無人搬送車(Automatic Guided Vehicle:AGV)の遠隔操作ソリューションを開発したと発表。

■AGVの活用の幅が広がりさまざまな業界でニーズが拡大

 パーソル総合研究所の発表によると、2030年には644万人の労働力が不足すると予測されるなど、日本の労働力不足は深刻化している。AGVは、労働力不足の解決策の1つである「生産性向上」の側面でニーズが拡大しており、一般社団法人日本産業車両協会は、2018年AGVのシステム納入実績は過去最高で、2014年に比べ2倍以上増加していると発表している。AGVは、1990年代から工場の製造ラインなどで運搬用ロボットとして使用されていたが、近年はビッグデータやAI技術の発展・活用により、室外での使用、自律走行などが可能となり、製造・物流を含むさまざまな業界で活用されている。

 パーソルプロフェッショナルアウトソーシングは、近年のAGV活用が分野横断的に広がりを見せていること、「生産性向上」による労働力不足の解決につながることに注目し、同ソリューションを開発した。今後、モビリティの遠隔監視・遠隔操作技術を通じて、現場作業の生産性向上およびリモートワークの実現など新たなはたらき方の創出を目指していくとしている。

 今回開発した、無人搬送車(AGV)の遠隔操作ソリューションは、スマートフォンやタブレット端末を用いて、遠隔地からAGVの動作状況監視、操作を可能とする、操作プログラム、拡張ユニットなどを含む、AGV活用のための総合的なソリューションとなる。建設業界や物流(倉庫・運送)業界向けに、2022年度中の販売を予定している。搭載した機能は導入する企業の課題解決や要望に合わせたカスタマイズ開発も可能。

【主要な特徴】

1.AGV本体の操作なしで遠隔操作が可能
2.AGV視点の映像をリアルタイムで確認
3.AGVの速度・バッテリー残量のチェック
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る