クリーク・アンド・リバー社はニューノーマルの時代のIT開発サービスを強化「ラボ型オフショア開発 by グルーネ 」のサービス提供を開始

■優秀な開発人材の確保とコスト低減を両立

 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)でITコンサルティング、WebアプリケーションやAIシステムの構築を行うグループ会社「Grune(グルーネ)」は、6月15日(火)から「ラボ型オフショア開発 by グルーネ」のサービス提供を開始した。

 グルーネは2016年の創業から日本とインドネシア拠点間の共同開発で、WebサイトやWebシステム、モバイルアプリ、VRシステム、ARシステム、3Dモデリングの各種制作を多く手がけてきた。「オフショア開発」は、これまでは、コスト削減とエンジニア確保を主な目的として行われてきたが、ITシステム・サービス開発に求められるスピード感が増すにつれ、オフショア開発の目的は「R&D拠点」「優秀なエンジニア等の開発リソース確保」へとシフトし始めている。

 あらゆる業界でのDXの加速で、海外を含めた開発リソースをいかに確保するかが鍵となりながら、オフショア開発は物理的な距離、言語や習慣の違い等から、制作物の質やスケジュールのコントロールが難しいとされ、見送られる場合が多々存在してきた。そこで、グルーネは、これらの問題を解決するソリューションとして、創業以来成果を収めてきた「オフショア開発」の実績や経験、知見を活かした安価で安心な本サービスを提供することとした。

 C&Rグループは、2021年4月28日(水)、インドネシア大使館とクリエイティブエコノミー分野における相互協力の覚書を締結。インドネシアのクリエイティブ関連企業との協力を促進することで、パンデミックの中の国内と世界経済の回復の加速に貢献していくことを宣言している。また、グルーネは、インドネシア大使館から、インドネシアと日本の関係を強化する企業として公式に推薦されるOfficial Recommendation Letter(公式推薦状)が発行された。

 C&Rグループとグルーネは、ニューノーマルの時代に国境も働き方も変化する中で、リモートで活躍するプロフェッショナルの分野を拡大していくと同時に、世界的に加速するITエンジニア等の不足問題を解決し、より幸せな社会の実現をめざしていくとしている。

 ラボ型オフショア開発=顧客のプロジェクトに必要なスキルを持つエンジニアによる専用チームを編成。一定期間の契約(準委任契約)を締結し、システムやソフトウェア開発業務を海外のリソースを活用して行うこと。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る