バンダイはウェアラブル型&タッチ液晶搭載の「たまごっちスマート」発売!「NiziU」がスペシャルサポーターに就任!

■「たまごっち」誕生25周年の最新機種はウェアラブル型&タッチ液晶搭載!

 バンダイナムコホールディングス<7832>(東1)グループのバンダイは、携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズの最新機種『Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)』(全2色、各6,380円・税10%込)を2021年11月23日(火・祝)に発売する。

 25周年記念モデルの先行抽選販売も開始し、「NiziU」がスペシャルサポーターに就任する。主なターゲットは小学生で、販売ルートは全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売り場、オンラインショップなど。

 「たまごっち」は、1996年(平成8年)の発売開始以降、海外でも展開し、全世界でシリーズ累計8,300万個以上を販売(2021年3月末時点)。時代とともに幾多の進化を遂げてきた「たまごっち」が、誕生25周年を迎える今秋に『Tamagotchi Smart』として登場する。

同商品は「”スマート”なたまごっち」をコンセプトに、時代に合わせた新機能を搭載し、たまごっちとのコミュニケーションをより「スマート」に楽しめるようになった。

■新しい特徴

 ユーザーに懐いてくれるたまごっち:よりスマートに進化したたまごっちは、ユーザーが答えた質問の内容を記憶して話したり行動したりする。育て方によって成長するキャラクターが変化するほか、同じキャラクターでもより長く持ち歩いたり、何度も触ったりしてコミュニケーションを取れば取るほど、ユーザーに寄り添うパーソナルペットになる。

 タッチ液晶とマイクを搭載:たまごっち初のタッチ液晶を搭載し、たまごっちに直接触れる感覚でお世話ができるようになった。また、マイク機能により、たまごっちに声をかけることも可能になった。たまごっちの頭を撫でたり、話しかけてあげたりなどのコミュニケーションを取ることで、ユーザーに懐いてくれるたまごっちに成長する。

 ウェアラブル型でより身近な存在に:スマートウォッチのように身に着けて持ち歩ける形状を採用した。身に着けることで、歩数がカウントされてたまごっちのリアクションが変化するほか、動きを検知して遊べるダンスゲームなども楽しめる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る