京写は22年3月期1Q大幅増収で黒字転換、受注回復基調で通期上振れの可能性

決算 決算速報 決算情報

(決算速報)
 京写<6837>(JQ)は7月30日の取引時間終了後に22年3月期第1四半期連結業績を発表した。自動車関連などの受注が回復基調となり、大幅増収で黒字転換した。通期も大幅増収増益予想としている。さらに上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏でモミ合う形だが下値を切り上げている。黒字転換を評価して上値を試す展開を期待したい。

■22年3月期1Q黒字転換、通期大幅増益予想、さらに上振れの可能性

 22年3月期第1四半期連結業績は売上高が前年同期比21.6%増の48億71百万円、営業利益が84百万円の黒字(前年同期は1億08百万円の赤字)、経常利益が96百万円の黒字(同1億48百万円の赤字)、親会社株主帰属四半期純利益が24百万円の黒字(同1億28百万円の赤字)だった。

 売上面は実装関連事業で航空機向けが低調だったが、主力のプリント配線板事業において自動車関連や家電製品関連を中心に受注が回復基調となり大幅増収だった。コスト面ではベトナム子会社の生産開始に伴って減価償却費等の固定費が増加したが、増収効果や生産性向上施策などの効果で吸収し、各利益は黒字転換した。

 通期予想は据え置いて、売上高が21年3月期比12.5%増の195億円、営業利益が3.0倍の3億円、経常利益が87.8%増の3億円、親会社株主帰属当期純利益が1億20百万円の黒字(21年3月期は1億35百万円の赤字)としている。配当予想は復元配で5円(期末一括)としている。

 新型コロナ影響に不透明感があるが、受注が回復基調であり、大幅増収増益予想としている。第1四半期の進捗率は売上高が25.0%、営業利益が28.0%と順調であり、さらに上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は戻り高値圏でモミ合う形だが下値を着実に切り上げている。黒字転換を評価して上値を試す展開を期待したい。7月30日の終値は354円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS8円37銭で算出)は約42倍、時価総額は約52億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る